コラム

チームの完成度が高すぎるがゆえに、選手を獲得できない

投稿日:

多くはネズミの頭を選ぶ

「”ネズミの頭”か”ライオンの尻尾”か」

半月ほど前にこんな記事を読んだ記憶がある。
要はビッククラブのベンチに座るか、少しレベルを下げたクラブでエースになるかということだ。

スポンサーリンク

普通の会社員なら、働く時間も少なく、チームの結果に大きな責任を負うこともない中で、数億円の収入を得られるならこんなに美味しい仕事はないかもしれない。
しかし、サッカー選手はやはり出場してナンボだ。
中にはお金のためだと本気で思っている選手もいるかもしれないが、多くの選手はプレーしたいし、チームの主力として輝いていたいものだ。

試合に出場していないということは、自分の実力を外のチームにアピールする機会もないため、ステップアップという目標は達成しづらい。
加えて試合感というものが失われ、いざ出てみても本来の力を発揮することは難しくなる。

トッテナムが獲得を狙っているとされるボーンマスのノルウェー代表、ジョシュア・キングはスパーズ加入には消極的で理由はハリー・ケインの存在である。
キングは今シーズン、中堅ボーンマスにおいて16ゴールと印象的な活躍を見せてはいたが、3年連続20ゴール超え、2年連続リーグ得点王がライバルとなればいきなりスタメンを奪えるとはなかなか考えにくいのだろう。
そして、現時点では残留の見込みのフィンセント・ヤンセンもいる。
昨シーズンのオランダリーグ得点王ががソンのように2年目の覚醒を見せれば、新しく入ってくるストライカーはベンチも怪しくなる可能性は十分にあるのだ。

スポンサーリンク

主力に穴がないことが移籍市場での弱点に

今シーズンも最後まで優勝争いを続けながら、あと一歩チェルシーには及ばなかったが、多くの人が完成度の高さはスパーズの方が上だったと賞賛している。
チームの平均年齢の若さ、しばらくメンバーも変わっていない。来シーズンはこのチームがさらに進化していることは、期待するなという方が難しい。

しかし、その出来のよさ、完成度というやつが、外から入ってこようとする選手たちをためらわせる要因になってしまっている。
今のトッテナムに加入して、いきなりスタメンを勝ち取れる可能性があるのは、ウォーカーが抜けた後の右サイドバックくらいしか思い当たらない。それほどに充実している。

もちろんメッシが来れば即レギュラーかもしれないが、現実そのクラスの選手を獲得することはできない。
かといって、最近注目を集める若手選手たちにとっては高いハードルに見えてしまっている。

今夏のテーマは現有戦力の保持と優秀なバックアッパーの獲得だと思うが、それが露骨に見えると今回のキングのようなパターンになり得るので、会長たちにはうまくやってほしいものだ。
ワールドカップイヤーの移籍となれば普段より選手も慎重にならざるをえないのでなおさら。

 
おわり

 
-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

スポンサーリンク

-コラム

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

ワールドカップを狙うトッテナムの選手達

まだシーズン途中ですが、今年はロシアワールドカップの年 残りの試合は各国各選手の最後のアピールの時間でもあります。 スパーズの所属選手達の出場の可能性を考えます。 スポンサーリンク 出場しない国の選手 …

no image

移籍市場閉幕まであと5日を数える補強ゼロのトッテナム

ほとんどここでは触れていなかった移籍市場について スポンサーリンク 補強ゼロは新スタジアムのせいか 8月10日のマンデーナイトゲームによって開幕するイングランド・プレミアリーグ。ヨーロッパ全体の移籍期 …

no image

得点王を予想してみたけどさほど面白くなかった

週末に開幕を控えたプレミアリーグが楽しみで夜も眠れないみなさまこんばんは 先立って2017-2018シーズンの得点王を予想してみました。 シーズンを通しての得点王となれば、上位陣の選手がなる可能性は高 …

no image

移籍市場を制すものはリーグを制す

日本では春が終わりに向かい、気温の上昇を感じる季節、ヨーロッパの主要なリーグは長かったシーズンの閉幕に向かいます。 そして一年の締めくくりに行われるUEFAFチャンピオンズリーグの決勝を見ると、ああ、 …

no image

[2017-2018シーズン総括]ポジション別評定と補強考察〜DF編〜

シーズン総括、続いてはディフェンス編 スポンサーリンク 定まらないディフェンスライン 背番号 名前 出場数 2 キーラン・トリッピアー 35 3 ダニー・ローズ 17 4 トビー・アルデルヴァイレルト …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。