コラム

順調な9月と楽しみな10月

投稿日:

シーズン2度目のインターナショナルマッチウィークに入りましたので、我々クラブのサポーターたちには退屈な二週間になります。

トッテナムからも多数の代表選手を送り出していますが、何事もなく、あわよくば調子を上げて帰ってきてほしいものです。
「FIFAウイルス」にだけはご注意を!

スポンサーリンク

最高の結果と最高のハリー・ケイン

9月も上旬に代表戦があったにもかかわらず、クラブの試合も週2ペースという過酷なスケジュールでした。
結果はなんと6勝1分という好成績
17得点3失点という内容も立派です。
スウォンジーとの引き分けで少し落胆した気持ちが強かったのか、まとめてみて驚きました。
プレミアリーグでも3位に浮上し、チャンピオンズリーグではレアル・マドリーと並び首位に立っています。

メンバーは揃っているのに結果の出ていないエヴァートンやウェストハムと今のうちに当たれたのはラッキーでした。
あわよくばクリスタルパレスともやっておきたいですがそれは11月でした(笑)
大きかったのはドルトムントに勝った事でしょう。
グループステージ通過に向けて最大のライバルを叩けた事は自信にもなります。
未だ調子の出ないホーム戦に対し、アウェーはなんとここまで全勝でした。
このジンクスを持ってレアル戦に臨めます。楽しみ

そして何と言っても9月はケインの月でした。
6試合に出場し11ゴール、代表戦も含めると8試合で13ゴールです。
1か月の間に決めたゴール数としてはイングランド人最多記録だそうで、ヨーロッパ全体を見てもリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドが記録した月間最多得点記録と並びました。
ゴールだけでなく前線からの守備、ボールの納め所としても常に体を張ってくれるケインの存在は好調スパーズの中でも際立ちます。
毎月これほど取れとは言いませんので、せめて怪我なくいてくれることを願います。

スポンサーリンク

そして山場の10月

前半は再び国を背負う戦いですが、戻ってきてからより過酷な戦いが待っています。
まずはここまであまりうまくいっていない19位のボーンマスです。
ここはきっちり勝っておきたいところ。スパーズのレジェンドの一人ジャーメイン・デフォーや昨年ブレイクしたジョシュア・キングの一発は怖いけど、ボーンマスはどんな相手にも積極的なフットボールを展開するチームです。
ここのところカウンターがキレッキレで出てくる相手ほどやりやすい。

そこからはチャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦と強豪ほどに力を発揮するリヴァプール戦です。
両チームとも思ったような結果を出せていない今シーズンですが、厳しい戦いになること間違い無し。

さらにリーグカップのウェストハム戦を挟んでマンチェスター・ユナイテッドと11月のレアル・マドリーとの連戦
見る側にとっては興奮の一ヶ月ですね。
チャンピオンズリーグもプレミアリーグも本当に重要な試合が続きます。
ちゃんとしたメンバーが揃いさえすればどんなチームとも渡り合える戦力は揃っているので、このビックマンスを乗り越え今年も優勝争いに名乗りをあげるシーズンになって欲しいと思います。

ちなみにボーンマスを除く5チーム(スパーズ含む)の中で最も小さいスタジアムはユナイテッドのオールド・トラフォードだそうです(笑)

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

スポンサーリンク

-コラム

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

負傷者も戻り、充実しているサイドバック

クラブでの試合がないので現在のチーム状況を整理しましょうシリーズをお送りしています。 今回はサイドバックにフォーカスしてみたいと思います。 スポンサーリンク サイドバックとウィングバック トッテナムは …

no image

過酷な4位争いの行方

2017-2018シーズンのプレミアリーグも残り14節となりました。 スパーズの目標は4位以内を確保すること。 現状を整理します。 スポンサーリンク やはり6チームに絞られるか 残り全勝すれば獲得でき …

no image

ホームをウェンブリーで戦うことによって得たものは

ホワイト・ハート・レーン改修のため、今年一年間をウェンブリーで戦っています。 開幕前の不安をよそに今やすっかりホームらしい力強さを見せてくれています。 スポンサーリンク 増えた戦術の幅 ホワイト・ハー …

no image

[2017-2018シーズン総括]ポジション別評定と補強考察〜MF編〜

シーズン総括、続いては中盤編 スポンサーリンク 流動的に変わった中盤 背番号 名前 出場数 11 エリク・ラメラ 33 12 ビクター・ワニャマ – 15 エリック・ダイアー 47 17 …

no image

2017-2018シーズン中間査定〜10節終了時点〜

2017-2018シーズンもおよそ4分の1が終了しました。早いですね〜 ここまでの戦いを振り返り、各選手の採点をしてみたいと思います。 Contents1 成績2 GK3 DF4 FW5 監督6 総評 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。