コラム

放出と契約延長の問題

投稿日:

2019年夏の移籍市場が終わりました。

獲得は上手に行えましたが、そのほかに問題が残ってしまった。

スポンサーリンク

売り上手ではなかった

簡単に移籍市場をまとめると、
獲得
・タンギ・エンドンベレ
・ジオバニ・ロチェルソ
・ライアン・セセニョン
・ジャック・クラーク

放出
・フェルナンド・ジョレンテ
・フィンセント・ヤンセン
・ジョルジュ・ケビン=エンクドゥ
・キーラン・トリッピア
・ミシェル・フォルム

です。誰か忘れていたらごめんなさい。

こう見ると放出5人の獲得4人でまあまあバランス良く見えますが、実態はそうじゃない。
まず、エンクドゥとヤンセンに関してはそもそも昨シーズンは戦力に数えられていなかったし、クラークは即戦力ではない。
放出したキーパー、右サイドバック、センターフォーワードの代役はいずれも取れず、逆に2列目3列目を取りながらそこからの放出はありませんでした。

スポンサーリンク


キーパーはおそらくアカデミーの選手で賄うことにしているはず。右サイドはオーリエも現状では戦力外扱いで、シーズンを考えると未知数のKWPとフォイスに任せることになってしまった。これは結構な不安要素。ウォーカーからトリッピアに変わった時よりレベルダウン感が否めません。フォーワードもジョレンテの代わりを取らず、彼が担っていたパワープレーという選択肢を失いました。

反対に中盤は人員過多になっている。3列目には6人もいて、2列目もセセニョンを加えて7人います。ここから本題の放出の話に入りましょう。具体的に獲得間近と言われながら取れなかったのはディバラくらいだったし、まあそれは若干夢物語な話で取れなくてもアタッカーはたくさんいる。放出の話が本格化しながら売れなかったのはエリクセン、オーリエ、ワニャマの3人です。

まずエリクセンは本人の移籍希望とレヴィの要求金額の高さゆえに足元を見られたようです。来年になれば取れるぞと思われてしまった。これまでは途中出場がメインで起用していますが、やはりエリクセンの存在感は大きすぎる。ふてくされるような選手ではないと信じていますが、来年確実にいないとなれば、未来を見据える監督の構想にも影響してきて使いにくいという状況にもなりかねない。クラブは契約延長の努力をしているようですが、実りそうにはありません。

ほぼ決定の報道もあったワニャマは結局残留となりました。こちらとしては怪我も多く、戻ってきても本来のパフォーマンスを取り戻せていないワニャマは出したかったところ。理由はわからないけど、やはり移籍金でもめたんですかね。オーリエにはオファーが来ていたのかも謎ですが、完全にプラン外になってしまっているようなので、今のうちに出しておきたかった。

エリクセンとは契約延長する可能性も残ってはいるし、ワニャマとオーリエがパフォーマンスを上げてこないとは言えない。でも、終わってみればここで確保できなかった移籍金が後のスパーズを苦しめることになるんじゃないかという懸念の方が今は大きいです。

それからセンターバックの2人のことも少し。
アルデルヴァイレルトとフェルトンゲンは今も変わらずハイパフォーマンスを維持してくれていますが、2人とも契約は1年しか残っていない。オーリエとワニャマ問題は比にならないくらいこっちはまずい。このレベルの選手が2人もフリーで出て行くのはかなりの損失だし、成長の見られないサンチェスにはまだディフェンスラインを託せそうにありません。

水面下では色々交渉をしているんでしょうけど、今のところ契約満了の雰囲気が強い。このままいけばエリクセン、アルデルヴァイレルト、フェルトンゲンをフリーで出して、ロチェルソの完全移籍金を支払うことが決まっているところから来年夏の移籍市場が開くことになる。欧州屈指のビジネス会長として恐れられているレヴィは今回も起死回生の閃きを見せてくれるのでしょうか。理想的な展開にならない覚悟だけはしておきましょうか。。

スポンサーリンク

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

-コラム

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

移籍市場を制すものはリーグを制す

日本では春が終わりに向かい、気温の上昇を感じる季節、ヨーロッパの主要なリーグは長かったシーズンの閉幕に向かいます。 そして一年の締めくくりに行われるUEFAFチャンピオンズリーグの決勝を見ると、ああ、 …

no image

スパーズ恒例の「今年のブレイク」を狙うフォイスとガッサニーガ

補強のなかったチームの中で新戦力のような存在感を見せている2人がいます。 継続的に力を発揮し定着することはできるのでしょうか。 スポンサーリンク 若手の育成に定評あり プレミアリーグの他のクラブに比べ …

no image

2019-2020シーズン あたるはずのないプレミアリーグ順位予想 10位〜1位

今年も開幕前の予想をお届けします。 プレシーズン最後のエンターテイメントとしてお楽しみください。 今回は10位から1位まで ※選手の移籍情報は2018年8月5日時点のものです。 スポンサーリンク Co …

no image

きっと来年にはプレミアリーグにもVARが導入されるだろう

サッカー界の話題の泉、VARことビデオアシスタントレフェリー制度について スポンサーリンク ロシアワールドカップで導入された ここ数年間、毎週と言っていいほどどこかの試合の後のインタビューでVARのこ …

no image

ライバルはどこだ 1 / 2

ノースロンドンダービーを巡る赤と白 トッテナム・ホットスパーのライバルは?? そうアーセナルです。それはもちろんそうなんです。 でも最近ではその他にも熱を込めて見ているカードがありますよっていう話 2 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。