モウリーニョさん、こんなのどうですか?

  • 2020年9月16日
  • 2020年9月16日
  • コラム
  • 249view
  • 2件

 期待に満ちた新シーズンの開幕は初戦から暗雲に変わってしまった。今は誰もネガティブな論調ばかりだ。それをかき消すかのように大きな補強の話がいくつか飛び交っているが、それはいったん置いておいて、現状を改善する方法は考えたい。

 そこで僭越ながらワタクシから、2点ほど提案があります。こんなアイデアいかがでしょうか。

スポンサーリンク

前線にもっと自由を

 例えばスタメンの選出については、特に異論は持ち合わせていない。自分が監督をやっていたとしても開幕戦はあのスタメンを組んでいたと思う。モウリーニョは試合後に「走れていなかった」だの「戦えていなかった」だの言っていたようだが、それは一つモウリーニョに問題があると思う。

 結論から言うと、前線にもっと自由をだ。

 ユナイテッドの監督をやっていた時代からよく言われていたのは、モウリーニョは守備の構築は上手いが攻撃は個人能力任せ。ということ。トッテナムにやってきてからおよそ1年で、今のところその評価は間違っていないようだ。ユナイテッド退任以降の空いた時間を経て、「自分は色々な面で成長した」らしいが、攻撃面のスキルは身についていないらしい。

 スパーズの前線にもそれなりの「個」はあると思うのだが、遠慮なく言えば今はそれが死んでいる。ボールを受けるのも大変に見えるほど、あまりにも窮屈そうに見える。走っていないのではなく、走る自由をもらっていないのだ。

 モウリーニョのコンセプトとして、攻撃時も出来るだけ自分のポジションを守らせる傾向にある。これは奪われた際の相手のカウンターを受けにくくするためだと思うが、あまりにもそれに縛られすぎて、攻撃にコンビネーションや変化が生まれない。モウラのような理不尽ドリブルが成功する瞬間しか相手を崩すことができていない。

 ケインも中央から離れないし、モウラはやや中央寄りの右。ソンは開き気味の左が定位置で、たまに動いても小さい変化だ。そのため右サイドバックは大外のみ、左は上がるスペースもない状況になってしまう。さらに言うと、定位置から動きにくいのでトップ下の選手がボールを持っても足元以外出すところがない。その足元で受ける選手も、すでにマークを背負っているのがほとんどだし。

 監督コーチが攻撃のアイデアと決め事を作らない、作れないのであれば、もっと選手に自由を与えてほしい。今のやり方では相手の守備ブロックの前で足元でボールを受けて、無理やりのドリブルがたまに成功した時しかチャンスにならない。

 まずはトップにいるケインをもっと前後左右に動かして、そこに2列目を飛び込ませるところから。そうすればサイドも空き、サイドバックが出てくるスペースが出来る。今のようにサイドバックが出てきても縦しかなければ止めやすい。ドハーティもデイビスもインナーラップが出来る選手なのだから生かしたい。今のスパーズのボランチ候補生たちはみんな、ゴール前まで出て行くタイプじゃないんだから、彼らにカバーさせればいい。やれるはずだ。

スポンサーリンク


エンドンベレをサイドハーフで使おう

 クラブ史上最高額の男はここまで戦力になる目処すら立っていない。それでも出場するたびに、おっと唸るプレーは見せてくれるし、どうしても期待させられてしまう。それと同時にしょうもない軽いプレーももれなく披露して、まだ難しいなとも思わせてくれる。

 わかっている限りでは、エンドンベレのいいところは相手の虚をつく不思議なリズムのドリブルで相手をかわし、独特のタイミングでバシッと縦パスを決められるところだ。対して悪いところは、運動量の少なさと切り替えの遅さ、そして何より、常に決めパスやドリブルを狙うので、変な奪われ方が多いところ。

 なんだこれ、使えねえじゃんよ。と、諦めたくなる気持ちはわかる。ボールの扱いが上手いだけでプレミアリーグは戦えない。

 でもだからって切り捨てるにはあまりにももったいない才能だ。なんとか生かす方法を考えなければ・・・そこで提案がある。サイドハーフで使おう

 あんまりイメージはわかないだろうから説得してみるとする。とりあえず否定的にならずに聞いてほしい。僕も勢いで書いている。

 エンドンベレに欠けているものは信頼と自信、まずはその精神的な部分だろう。1年前の加入直後はどっちも持ち合わせていたはずだ。しかしここまで時間が経ったら、それは自分で勝ち取らないといけない。そのために気持ち以外の部分を考えるとすれば、プレー選択の判断力と試合のスピードへの慣れだ。両方とも、とにかく試合に出ないと身につかない。

 しかし今のプレーレベルでは起用しにくい、なぜなら自分の技術を発揮しようとする度になんでもないボールロストをしているから。特にボランチで変に奪われると、一気にカウンターを受けるリスクが高い。そこでサイドハーフで使ってみたい。

 4-3-3の事もあるけど、要するに今のソンのポジションのこと。左サイドで使うのはどうだろうか。去年どこかでトップ下として出場した時に、サイドに流れてドリブルをしかけた時に、これもイイなと思った記憶がある。

 サイドなら多少のボールロストは許容できるし、元が中央の選手なので、中に絞ってスペースを作っても仕事ができる。このアイデアのモデルは、ルカ・モドリッチだ。

 かつてスパーズにいたときのモドリッチも最初はスピード感やフィジカルコンタクトに馴染めずにいたところ、4-4-2の左サイドハーフとしてプレーを重ねて強くなった経緯がある。そこからボランチに戻されるようになり、今はご存知バロンドーラーにまで成長した。

 エンドンベレもモドリッチに似ている。ボールコントロールは一級品なのに判断のスピードについていけていない。体はモドリッチよりは強いと思うけども。

 両ワイドにアタッカーを置く今の形はお世辞にも機能しているとは言いがたく、右のモウラをソンに代えてもきっとソンは結果を残すだろう。なんならトップ下をなくして4-4-2にして、ソンとケインはツートップでもいい。

 試合に変化を起こせる選手が必要で、その才能がありそうな逸材がここにいるのだから、是非試して欲しいと思ってる。このままボランチだけで使っても、みるみる自信と信頼を失うだけだ。とはいえモウリーニョは決してやりそうにないから、この話を翻訳して誰か伝えてくれ。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。