コラム

[2017-2018シーズン総括]借りぐらしのウェンブリーで及第点の3位フィニッシュ

投稿日:

シーズン総括第2弾です。いくつまでやるかは決めていません(笑)

スポンサーリンク

最大の問題はホームがホームでないことだったが

ホワイト・ハート・レーンが改修工事に入り、今季は収容人数90,000人のウェンブリー・スタジアムを借りてシーズンを戦ったトッテナム。開幕前より最大の不安はそこでした。ポチェッティーノ就任以来、5位、3位、2位と着実に順位を上げてきて一般的には優勝候補最有力になるところですが、去年の成績もホーム無敗という成績によるところが大きかったため、4位確保が精一杯だろうという見方が多勢を占めました。僕も開幕前の予想では4位を目指すと言っていました。

ウェンブリーでのリーグ戦歴は13勝4分2敗でこれは全チーム中4番目の成績です。大してアウェーでは10勝4敗5分です。こちらはリーグ2位タイの結果。一番初めにホームでチェルシーに敗れたことで暗い未来が予想されましたが、しっかり立て直し上述の結果に。ホームで崩れなかったことが全てです。

スタジアムの建設は順調に進んでいるらしく、予定通り開幕から新ホワイト・ハート・レーンはお目見えです。つまり2年続けて慣れないスタジアムをホームとして使用するということ。ホームがホームであるのは、何年も同じスタジアムでプレーすることで、ピッチに慣れること。ファンの応援にも気持ちがこもり雰囲気で後押しができることが必要です。今年の経験はきっと役に立つことでしょう。

スポンサーリンク

去年よりはローテーションできていた

ポジション別の考察はまた今度やろうと思っていますが、触れないと総集編にならないので少しだけ。

今年はたくさんの選手がチャンスを得たシーズンだと思います。若手枠のフォイスとウォーカー=ピータースこそ出番は少なかったですが、それ以外はメンバーの入れ替えは多かった。開幕前に思っていたよりもはるかに層は厚くなっていました。ただスタメンを奪ったと言える選手は現れなかったのでやはりまだまだです。

今年の新加入は夏のジョレンテ、オーリエ、サンチェス、ガッザニーガに冬のモウラです。相変わらずと言いましょうか期待値ほどの活躍はなし。大きな戦力と言えたのはサンチェスただ一人。例年通りならオーリエとモウラは来年以降に大活躍が待っていると思いたいです。

チームのMVP候補に推したいのはヤン・フェルトンゲンとクリスティアン・エリクセンでしょうか。フェルトンゲンはまさにキャリアハイのシーズンと言える存在感を最終ラインで放ってくれました。若いサンチェスが試合を追うたびに安定してきのもこの頼もしい先輩のおかげか。今年は特に守備面で光っていました。

エリクセンは期待通りといえばそれまでですが、ゴールやアシストといった数字以上に依存度が増しています。もはやエリクセンなしの攻撃は考えられないほど。今年はシティのデ=ブライネとシルバが注目されがちで、相変わらず目立たない立ち位置のエリクセンも同等のレベルにはあると思います。間違いなく。

CL出場権のもたらすもの

去年はウォーカーがタイトルを求めに移籍を決め、今年は開幕前にはローズ、シーズン中にはアルデルヴァイレルトが給与問題でクラブともめていました。さらにエリクセン、アリ、ケインは常にどこかしらのクラブが狙っているという報道が出ています。正直言って今年4位以内に入れていなかったら大幅な選手の流出があっただろうと思えます。

選手の引き留めはもちろんスパーズへの移籍を考える選手にとってもチャンピオンズリーグに出られるかどうかは大きく違うもの。特にスタジアム建設に多大なお金をかけている時期なので、収入が減ればただでさえ固いダニエル・レヴィの財布の紐がきつく結ばれます。チェルシーやアーセナルほどのブランド力はまだトッテナムにはないので継続して出られていることは本当にありがたいこと。

今シーズンは異常なほどにシティが強かったため、優勝できなくて悔しいという気持ちはあんまり沸いてこないですね。どうしてもシーズンの中には苦しむ時期があり、それを減らすこと乗り切れる戦力を整えることが大きな課題です。しかしまあこれで3シーズン続けてのチャンピオンズリーグ挑戦権獲得です。成功のシーズンと言って差し支えないでしょう。焦ることはないので着実にタイトルを狙えるように成長していければいい。

スポンサーリンク

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

-コラム

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

[2017-2018シーズン総括]自己ベストを出すも、得点王に及ばなかったハリー・ケイン

シーズン総括第一弾は得点王について スポンサーリンク シーズン始まる前に適当な予想を立てていたので、それとも比較して見たいと思います。 結果 最終順位 予想順位 得点数 選手名 チーム 1位 圏外 3 …

no image

[2017-2018シーズン総括]ポジション別評定と補強考察〜GK編〜

頭はそろそろワールドカップに向いてきました。 シーズンの総括をポジション別に見ていきます。 今回はゴールキーパーを。 スポンサーリンク 控えまで充実の印象 背番号 名前 出場数 1 ウーゴ・ロリス 4 …

no image

ワールドカップを狙うトッテナムの選手達

まだシーズン途中ですが、今年はロシアワールドカップの年 残りの試合は各国各選手の最後のアピールの時間でもあります。 スパーズの所属選手達の出場の可能性を考えます。 スポンサーリンク 出場しない国の選手 …

no image

ハリー・ウィンクスは輝きを取り戻せるのか

今シーズンは大きな飛躍の年になるはずだ。 そう期待を寄せられて順調なスタートを切ったハリー・ウィンクスが後半に入りスランプに陥っています。 また調子を取り戻し、出場機会を得られるのか。状況をまとめてみ …

no image

[2017-2018シーズン総括]ポジション別評定と補強考察〜DF編〜

シーズン総括、続いてはディフェンス編 スポンサーリンク 定まらないディフェンスライン 背番号 名前 出場数 2 キーラン・トリッピアー 35 3 ダニー・ローズ 17 4 トビー・アルデルヴァイレルト …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。