試合結果

[PL]第10節 トッテナム・ホットスパー vs マンチェスター・シティ

投稿日:2018年10月30日 更新日:

2018-2019 プレミアリーグ 第10節

Tottenham Hotspur 0 – 1 Manchester City

Stadium:ロンドン・スタジアム

得点
 6分:リヤド・マフレズ(City)

トッテナム・ホットスパー
ロリス、トリッピアー、アルデルヴァイレルト、サンチェス、デイビス、シソコ、ダイアー(67’ウィンクス)、デンベレ(75’アリ)、ラメラ、モウラ(81’エリクセン)、ケイン
sub:ガッサニーガ、ウォーカー=ピータース、オーリエ、ソン

マンチェスター・シティ
エデルソン、ウォーカー、ストーンズ、ラポルテ、メンディ、シウバ、フェルナンジーニョ、シルバ(89’コンパニ)、マフレズ(92’ジェズス)、アグエロ(71’デ=ブライネ)、スターリング
sub:ムリッチ、オタメンディ、フォーデン、サネ

かなり戦えたことは評価しましょう。
ただしまた甘い失点が響きました

スポンサーリンク

荒れたピッチコンディションにて

もともと新スタジアムで開催されるはずだった試合のため、スケジューリングが間に合わず、直前にNFLの試合が開催されたおかげでピッチのコンディションはこの上なく劣悪でした。アメフトのラインが残り、何よりも芝生はハゲまくり。特に中央のラインは画面で見ても大きく変色していました。ただし、これは相手も同じ、いやショートパスを多用するシティ相手にはこの上なくいい対策になっていたのかもしれません。

トッテナムはエリクセン、アリ、ソンがベンチスタートになりました。高らかにキーマンだとか言ったくせにソンの出番はありませんでした。恥ずかしい。怪我明けのアリはともかくエリクセンまでベンチからになったのはひとえにピッチの荒れ模様のせい。代わりに細かいテクニックより、ダイナミックさをチームにもたらすムサ・シソコの起用は非常に理にかなったものでした。特徴の違う選手たちがが揃っていて、条件に応じてそれを公平に選択できるには各々の状態が良くないとできないことです。今日スパーズで一番躍動していたのは間違いなくこのシソコでした。

立ち上がりから激しくプレスをかけて言ったチームを台無しにしたのは早々の失点劇。エデルソンのなんでもないロングフィードを処理し損ねたトリッピアーのミスから、スターリングに奪われ、最後はマフレズ。試合を通じてトリッピアーのサイドは相手のものでした。攻撃には顔を出すも代名詞となっている精度の高いクロスは見られず、守備面では常にスターリングに劣勢でした。そろそろオーリエを試しましょう。これよりひどくはならないはずだ。

この失点シーンもそうですが、度重なるミスにより、ロリスが消極的になってしまっています。あのシーンもいつもなら飛び出していただろうし、その後の裏へのパスに対しても、ロリス自身が蹴り出す時の選択肢にしても、セーフティなプレーが目立ちました。あ、いや批判ではないですよ。これでいいと思っています。少なくともいまは。失点直後に見せたペナルティエリア内での左手一本のセーブなんかはまだまだ錆び付いていないことの証明です。

スポンサーリンク

思ったよりはやってくれたよ

あんなに早く失点した時点で、また大敗する予感はしてましたよね。結局あれだけだったけど、シティがボールを握ったときはいつだって失点してもおかしくなかった。こっち側の決定機も多くはなかったけど、ここまで互角に戦えるとは思っていなかった。

やはりエリクセンがいない前線は連動性が足りなくなってしまうのが欠点です。ラメラやモウラが持った時のサポートが少なくてどうしても個人技に頼らざるを得なくなってしまう。ラメラはやや判断の遅い瞬間が見られましたが、モウラは孤立しすぎていたように見えました。エリクセンとアリが入ってからは二人がいい距離感でパスを交換する瞬間が見られたし、先日はエリクセンとソンが華麗なワンツーでケインのゴールをアシストしました。個の好調さはわかっていますが、この感じではやっぱりエリクセンとアリがファーストチョイスに戻る日も近いでしょう。

交代はちょっと遅くも感じられらたけど、いずれもいいプレーでした。ウィンクスはダイアーとデンベレにはないリズムは持ち上がりを見せてくれたし、アリは久しぶりだったのに早くも決定機を創出しました。ラメラはあれは決めないといけない。バウンドの変化もあったかもしれないけど、いま初めてピッチに登場したアリが問題なくプレーしているのに80分ほどピッチにいたラメラは対応できなければいけなかった。バウンドというよりもあれだけ体を開いてミートすれば浮かせてしまうよ。もっと精進してください。

これでまた優勝戦線からは後退しました。また追いつけるチャンスは来るのでしょうか。勝ち点こそ得られなかったものの、ある程度力のあるチームなんだと再び示せたのではないかと思います。シティにこれだけ可能性を感じられたチームは今シーズンもほとんどいないはずです。恐ろしいことに中1日でカップ戦なんていうクレイジーな日程が組まれたりしています。下を向いている暇はないんだよ。

スポンサーリンク

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

-試合結果

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

リフレッシュの成果はいかに vs ストーク・シティ

アポエル戦の快勝は浮上のきっかけになったのか。 ホームにストークを迎えます。昔ほどクセモノの印象は薄まっていますね。 スポンサーリンク 直近の成績は5分 ストークとの対戦成績ではありません。そんな立派 …

no image

好調を維持したまま2月に入りたい vs サウサンプトン

2018年に入ってから公式戦3勝1分の10得点1失点で目下絶好調のスパーズ そろそろ1月末から2月上旬の連戦が頭をよぎってくる頃です。 現在の状態を維持しておきたい。サウサンプトン戦です。 スポンサー …

no image

再び、上昇気流に vs ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン

強豪チームとと戦いがあったとはいえ、直近6試合で3勝3敗のトッテナム、順位が下のチームとの対戦が続く時期に入りますので、しっかり結果を残す必要があります。 まずはウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン、 …

no image

[PL]第2節 トッテナム・ホットスパー vs フルハム

2018-2019 プレミアリーグ 第2節 Tottenham Hotspur 3 – 1 Fulham Stadium:ウェンブリー・スタジアム 得点 43分:ルーカス・モウラ(Spur …

no image

ウェンブリーの呪いに終止符をvsバーンリー

スタジアムは変わりましたが、昨シーズンより続くと期待された、リーグ戦におけるホームゲーム連勝記録&無敗記録が先週のチェルシー戦で途切れる事になりました。 気をとりなおして、今週は第3節のバー …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。