連戦の最後なのにターンオーバーするのか? vs カーディフ・シティ

新年明けましておめでとうございます。

年末年始の連戦最後はウェールズで行われます。

スポンサーリンク

いつも通りやればよし

ウルブズ戦から中二日、プレミアの選手たちに新年を祝う余裕はありません。2019年最初の試合はアウェーでのカーディフ戦です。

昇格組のカーディフがようやく勝ち星をあげたのは9節のフルハム戦でした。完全に残留争いのただ中にいます。こういうチームとは今のうちにあたっておく方がいい。本格的に尻に火が突き出すと思わぬ強さを見せることがあるので。12月は調子のいい方でパレスに引き分け、レスターに勝ってのスパーズ戦です。

前回はダイアーの得点で1-0で辛勝でした。ロリスが不安定だったりした時期。あの試合の記事で「シソコは実力でスタメンを勝ち取る機会はもうこない」なんて書いていました。大変失礼しました。今やスパーズはシソコのチームです。あの頃は負傷者が増えてきた頃で、ウィンクス、シソココンビ結成の頃です。試合を重ねるごとに二人の関係性も向上していて、今や誰かが復帰してもすぐに入れ替えとはならなそうなくらい成熟してきました。

前半戦で5敗を喫してしまったのは上位を狙うチームにしては多すぎる。ただし、内容が悪かったのはウルブズ戦の後半だけの事件なので意識しすぎることはない。ここを乗り切れば少し間隔を開けたスケジュールになります。力を入れすぎず自分たちを信じてプレーできれば問題ないでしょう。

スポンサーリンク


ローテするならカップ戦では・・・

ポチェッティーノの分析ではウルブズ戦の後半の失速の原因は疲労の蓄積だとのこと。端的にいえばそうですが、その前の2試合で大勝した記憶が新しい中に前半で先制かつ、試合内容もよかったことで今日もいけるな、というイメージがみんなに浮かんでしまった。そこでみんなが少しずつ省エネモードになってしまってことで、相手に押し込まれるようになった。反撃に出なければいけなくなった時に、前にでる体力がないとこに気がついた。という流れだと思っています。

ターンオーバーすると言っても11人代えるわけには行きません。後半に流れを変えたいときに任せられる選手がいないというのは厳しいので、選手交代の可能性も見据えてメンバーを組んでもらいたい。選手復帰の情報はないので基本は前回のメンバーです。ジョレンテは入れておいたほうがいいと思います。少なくともエンクドゥよりは。

キックオフは日本時間26:30です。

トッテナム・ホットスパー:予想フォーメーション
GK ロリス
DF トリッピアー、サンチェス、アルデルヴァイレルト、ローズ
MF モウラ、シソコ、アリ、スキップ、ソン
FW ケイン

カーディフ・シティ:予想フォーメーション
GK エスリッジ
DF パーテルソン、ベネット、モリソン、バンバ、マンガ
MF グナルソン、アーター、カマロサ
FW マーフィー、ホイレット

スポンサーリンク

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。