サイトリニューアルしました!

エース不在の両チーム vs ボルシア・ドルトムント

昨年はこのステージでユヴェントスに敗れました。

今年こそ1段登りたい。

ブンデスリーガの首位チームをウェンブリーに迎えます。

スポンサーリンク

ファーストレグはエース抜きで

2017-2018シーズンはグループステージで対戦しました。ホームでは3-1、アウェーでは1-2と共にスパーズの勝利でした。今年は決勝トーナメントのラウンド16で再戦です。去年も最初の対戦時にはドルトムントはブンデスリーガの首位を走っていました。対戦してしばらくしてから順位を落とし、残念なシーズンに終わりましたが、今年は半分を超えたこの時期に首位に立っています。

2月に入ってからの3試合はいずれも引き分けです。もしかしたらやや調子を落としている時期かもしれません。ホームで戦うこの試合には勝たなければなりません。ロリスが語ってくれたようにサポーターがいい雰囲気を作ってくれるといいなと思います。スタジアム問題が長引くにつれ来場者数が戻りませんが、チャンピオンズリーグくらいはお願い。

もう1ヶ月ほど経ちましたが、トッテナムはハリー・ケインとデレ・アリの2人はこの試合には間に合いません。エース不在でチャンピオンズリーグに挑まないといけないのは不安です。対するドルトムントもマルコ・ロイスとパコ・アルカセルというチーム内得点王のワンツーが負傷で離脱しています。どちらも条件は同じようなもの。言い訳を失いましたねこれで。

注目はそのロイスとアルカセルに次ゴール数を叩き出しているジェイドン・サンチョ。イングランドの選手にしては珍しく国外でプレーする選手です。シティからドルトムントに移籍した選手でまだ18歳らしい。イングランド代表デビューも飾っていてドイツ移籍後は今回が初めてのイングランド凱旋という事で話題になっていました。

スポンサーリンク


行け、ドルトムントキラー

大エースはいませんが、頼れる男は絶好調です。韓国代表、ソン・フンミンは直近10試合で10ゴール5アシストというワールドクラスの戦歴を残してくれている。さらに対ドルトムント戦に絞ってもキャリア通算10試合を戦っていて、8ゴールを記録しています。去年の対戦時にもホーム&アウェーどちらでもゴールを記録しました。90分を終えて中2日の日程にポチェッティーノは不満タラタラでしたが、ソンは変わらず出てくれるでしょう。というかソンがいないと攻撃力は半減です。ちなみに残りの半分はエリクセンです。2人いないとゼロです。オウンゴールに期待するしかなくなります。

ケインとアリに加えてデイビスとヤンセンがいません。それに加えてダニー・ローズも先日の試合で脛を負傷したとかでスタメンは厳しいようです。ベンチ入りできるかどうかという容体らしく、おそらく左サイドバックはフェルトンゲンが務める事になります。右も悩ましいところで順当にいけばトリッピアだけどこちらも連続のため、オーリエもありえる。どっちにしろあまり調子がいいとは思えないし、もう少しできてもらわないと困り者です。

あとは前の枠をダイアーにするかモウラにするかだと思っています。個人的にはモウラ推し。というのも中盤の構成にダイアーを入れるとこれまでやっていたトリプルボランチも雰囲気が変わってしまうと思うから。シソコ、ウィンクス、エリクセンの並びが深まってきているのでそこを崩すのは勿体無い。ラメラがベンチ入りできるのならモウラを初めから起用して攻撃的に行くのは今日はアリです。

キックオフは日本時間29:00です。

トッテナム・ホットスパー:予想フォーメーション
GK ロリス
DF トリッピア、サンチェス、アルデルヴァイレルト、フェルトンゲン
MF シソコ、ウィンクス、エリクセン
FW モウラ、ジョレンテ、ソン

スポンサーリンク

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。