試合結果

この舞台を戦えることを誇りに思う vs リヴァプール

投稿日:2019年6月1日 更新日:

2018-2019シーズン
UEFAチャンピオンズリーグ決勝
トッテナム・ホットスパー vs リヴァプール

全てを出し切る、準備はいいか。

スポンサーリンク

絶対に勝てない相手などいない

奇跡のセミファイナルを経て、想像もしていなかったステージにたどり着きました。対戦相手は同じくセミファイナルで奇跡の逆転劇を演じた同胞リヴァプールです。今シーズンのリヴァプールは本当に強い。リーグでクラブ記録の勝点を獲得し、そこに試合内容も伴っている。バルセロナ戦の敗れたファーストレグでも内容では勝っていたのではないかと思う。スパーズとの対戦もホーム&アウェーともに2-1でリヴァプールのダブルでした。

2年連続のファイナル進出となったリヴァプール、去年は試合序盤に頼みの綱だったモハメド・サラーの負傷交代と、ロリス・カリウスの致命的なミスによって、レアル・マドリーに屈しました。あれから1年の時が経ち、リヴァプールは穴のないチームへと変貌しました。課題だったゴールキーパーにはアリソン・ベッカーを補強し、昨年冬に加入したファン・ダイクも今や世界最高のセンターバックと言われるようになった。さらに去年はサラー頼りだった攻撃陣もいろいろなレパートリーを持って攻撃できるようになっています。特にサディオ・マネは恐ろしい、3人が並んだプレミア得点王の中で唯一PKキッカーでないのがマネでした。

世間の評価では圧倒的にリヴァプール優勢です。まあそりゃそうでしょう。当事者でなければ僕も同じことを言う。たとえ10回やったら8回負けるような相手でも、一発勝負なら何が起こるかわからない。それがフットボールだし、奇跡なら何度でも起こしてきた。

ホームではめっぽう強かったリヴァプールですが、アウェーの戦歴は比較的良くない。CLに限ってもナポリ、レッドスター、パリ、バルセロナにアウェーでは敗れています。今回は中立地ということで、アンフィールドほどの後押しはない。リヴァプールを恐れすぎないためのこれは最初のポイントです。

下馬評優勢というのもリヴァプールにはマイナスではないかと思っている。リヴァプール、ことクロップのサッカーは「強いチームに強いサッカー」である印象が強い。バルセロナのようなチームと戦う方がメンタル的にもきっとやりやすく感じている。
2年連続の決勝で今年1年の戦いから、ニュートラルなサッカーファンたちからすると、今日は「当然リヴァプール」なのだ。対してスパーズは初の舞台。チャレンジャーの雰囲気は世界中から感じているだろうし、ポチェッティーノの言葉を借りればこれはボーナスステージ。勝たなければいけないプレッシャーはいつだって重くのしかかり、今日はリヴァプールの足かせとなるだろう。

スポンサーリンク

どう戦えば可能性を増やせるのか

ようやくメンバーが全員揃いました。たぶん今シーズン初めてじゃないかな。やっとまともに戦える。リヴァプールはナビ・ケイタは間に合わないようですが、フィルミーノあたりは皆戻ってきました。

まず、予想が分かれるのは3バックか4バックか。
これは4バックでしょうね。むしろなぜ3バックという予想が出るのかわからない。試合見てないんですかね。
理屈的には相手のスリートップが強力だから、後ろは5枚になる方がいい。らしいのですが、そうすれば前に出ていくことができずに、ズルズルと攻め込まれるのが目に見える。ボールプレーに難のあるダビンソン・サンチェスを先発させれば、そこが狙われるポイントになるだろうし、前線の選手を一枚削らなければならないのはメリットを感じられません。

フォーメーションは4-2-3-1か4-3-1-2か。
うーんこれは読めないですが、4-2-3-1の方がいいと思う。最初はツートップで入っても、試合中にワントップに切り替えると見ています。
リヴァプールの攻撃の強みは何と言ってもサイドバックの攻撃参加とその質の高さ。トリプルボランチにすると横のスライドが追いつかず、サイドバックにプレッシャーをかけ切れません。今期終盤はこのミスマッチによる失点が結構多かった。4月のリヴァプール戦でもそうでした。
どっちも採用の可能性はあるけれど、4-3-1-2で入れば開始15分までにおそらく失点します。固い試合になるよりはこれまで同様に打ち合った方が勝機があるかもしれないと思っていたりはするんですけど。

あとは怪我明けのケインとウィンクスの使い所です。まずボランチですが、シソコの横にエリクセンかアリという予想を本当によく見かけますが、最初からやるには守備の強度が苦しい。その形にしている試合のほとんどが、点が欲しい展開になってからの変更です。いけるならウィンクス。フルでやれなくてもウィンクスを押します。ワニャマとダイアーはより不安なので。あと、途中交代を考えても、怪我明けのウィンクスを始めから出す方が、そこを変えられるので楽かと思います。

そして最後はハリー・ケイン。本人はことあるごとに準備OKと強調しているようですが、どのタイミングで使っていくのか。
結論から言えば、僕はベンチスタート派です。2、3ヶ月離脱していて、復帰戦がリヴァプールとのビックマッチではそのプレー強度に最後までついていけない気がするから。先発させてしまえば、拮抗した展開や点が欲しい展開になったときに、どんなに悪くても交代させることができなくなる。ケインはただのスコアラーではなく、このチームの精神的支柱でもあるので、ケインの出来に全てが左右されかねないのです。

どのくらいのフィットネスかわからなくても、ベンチにケインがいることは相手へのプレッシャーになる。後半の早い段階で投入して、試合を変えてもらう役割を今回は担ってほしい。もちろんスタメンで出るならそれはそれで前線からの守備の起点にもなり得るだろうし、別にネガティブなことではないです。ケインの調子が今ひとつだった場合だけ、それはリスクになると思う。

お互いにハイプレスを掛け合う、インテンシティの高いゲームになるのか、一発勝負のために慎重な入りになるのか、それはもうわかりません。いずれにせよ、雰囲気に飲まれないことが勝利への第一条件になるでしょう。最後のホイッスルが鳴るその瞬間まで、心に響く戦いを見せてくれ。

スポンサーリンク

TO DARE IS TO DO

現地時間2019年6月1日

世界中の全てのスパーズファンにとって、特別な日になりました。
長らく出場することが目標だった時代は終わり、夢にまで見たビックイヤーはもう手の届くところまで近づいている。
どんな結果に終わったとしても、トッテナムの歴史に燦然と輝く素晴らしい1日です。
ここまで来たらどうか、どうかもう一つ夢を見させて欲しい。

Come On You Spurs!

トッテナム・ホットスパー:予想フォーメーション
GK ロリス
DF トリッピア、アルデルヴァイレルト、フェルトンゲン、ローズ
MF エリクセン、シソコ、アリ、ウィンクス、ソン
FW モウラ

スポンサーリンク

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

-試合結果

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

主導権を握るのはどっちだ vs マンチェスター・ユナイテッド

リーグ戦でリヴァプールを粉砕したものの、カップ戦でウェストハムに逆転負けを喫したトッテナムと、リーグ戦でハダースフィールドにまさかの敗戦となったが、カップ戦でスウォンジーに快勝したユナイテッドの一戦 …

no image

[CL]GS第5節 トッテナム・ホットスパー vs インテル

2018-2019 チャンピオンズリーグ グループステージ第5節 Tottenham Hotspur 1 – 0 Inter Stadium:ウェンブリー・スタジアム 得点 80分:クリス …

no image

こちらもラウンド16 vs ロッチデール

FAカップ5回戦はロッチデールとのアウェー戦です。 スポンサーリンク あと4つの勝利で 先に行われた試合もあるため、優勝の可能性が残されているのは11チームになりました。アーセナルとリヴァプールはすで …

no image

プレミアリーグは終わらない vs マンチェスター・シティ

マンチェスター・ダービーでは逆転負けを喫し、ライバルの目の前で優勝を決めるというシナリオは結実しませんでした。 依然として王手をかけている状況は変わりません。この試合に勝ち、翌日にユナイテッドが敗れれ …

no image

[PL]第2節 トッテナム・ホットスパー vs フルハム

2018-2019 プレミアリーグ 第2節 Tottenham Hotspur 3 – 1 Fulham Stadium:ウェンブリー・スタジアム 得点 43分:ルーカス・モウラ(Spur …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。