試合結果

[ICC2019] トッテナム・ホットスパー vs マンチェスター・ユナイテッド

投稿日:2019年7月26日 更新日:

インターナショナルチャンピオンズカップ2019

Tottenham Hotspur 1 – 2 Manchester United

Stadium:ホンコン・スタジアム

得点
21分:アンソニー・マルシャル(United)
65分:ルーカス・モウラ(spurs)
80分:アンヘル・ゴメス(United)

トッテナム・ホットスパー
FW ケイン(46’ソン)、パロット(46’ラメラ)
MF エンドンベレ(46’モウラ)、ウィンクス(46’スキップ)、アリ(62’ロールズ)、シソコ(62’エリクセン)
DF ジョルジュ(62’ホワイト)、フェルトンゲン(46’アルデルヴァイレルト)、タンガンガ(70’マーシュ)、ウォーカー=ピータース(46’フォイス)
GK ガッサニガ
sub:ホワイトマン、Bie、Lyons-Foster、ボーデン

マンチェスター・ユナイテッド
FW マルシャル
MF ジェームズ、ポグバ、マクトミネイ、ペレイラ、グリーンウッド
DF ヤング、ロホ、スモーリング、ワンビサカ
GK デヘア
※交代、控えは割愛(シーズン始まったらちゃんとやります)

この形で行くのかい・・・?

負け惜しみのようですが、プレシーズンなので勝敗は二の次です。見たいのは個人のパフォーマンスとチームの方向性。そういう意味では不安の残る試合でした。本当に4-3-1-2と心中するのかい・・・?

タンガンガやパロットを使いつつも、中盤の構成は割と開幕を意識しているようです。底にウィンクスを置いて左右にエンドンベレとシソコ、ダイアモンドの頂点にアリでした。特にこのスリーセンターはユヴェントス戦でも並べていた。来シーズンはこの形で行きたいのかもしれません。もちろんうまくいけば。

昨シーズン序盤はシソコの覚醒もあり、このフォーメーションがハマっていた。またポチェッティーノは新しい発明をしてきたなと思った。しかし終盤から急にうまくいかなくなり、内容が良くないと感じられる試合は大体これを採用している試合だと言えるほど。研究されてきたのかもしれない。

今日悪かった前半の問題点の一つとして、中盤の3枚と前線の3枚の距離が開きすぎていること。後ろの方ではプレスを受けても丁寧に繋いで進む努力をしているのに、中盤より前につけたいという段階になったら難しめな縦パスか浮き玉のミドルパスを送るしか無くなってしまう。攻撃時だけでなく守備時にも前の3人は積極的には戻ってこないので、もう何度も指摘している相手のサイドバックの上がりに対応できず、効果的な攻撃を許してしまっていた。

選手が中央に固まりすぎていて自らスペースを狭めているのと、サイド攻撃はサイドバックがいるだけで誰もサポートに行かないのであれでは意味がない。後ろのケアもインサイドハーフが追いつかないので勝負を仕掛けることも出来ず、結局下げるか密集地帯にボールを返すだけ。途中アリだけは引いて受けてみたりサイドに流れてみたりしていたが、状況を変えることはできず。このままでは厳しいよ。

後半は4-2-3-1で入り、俄然良くなった。途中から配置もぐちゃぐちゃになって4-3-1-2っぽくもなっていたけど、中央にこだわりすぎない動きを前線が出来ていたから後半はうちのペースだった。ソンとアルデルヴァイレルトとのホットラインで裏を狙ってユナイテッドに脅威を与えると、真ん中にもスペースが出来てそこをラメラが上手く使う。やっぱりラメラはトップ下で王様させてる時が一番いい。

ユナイテッドの若い選手に点を取られて結局は敗れたけど、前半はなかなか酷かった。別に4-3-1-2が悪ではないけれど、上手くいくような方程式を見つけてくれない不安ですよ本当に。

スポンサーリンク


気になった選手たち

パウロ・ガッサニーガ
失点の場面でゴールキーパーに非があることってそこまで多くなないけれど、今日の2つは止めても良かった。ロリスが体調不良で離脱したので、トップチームのキーパーはガッサニーガだけになってしまった。最初の失点はニアを抜かれたものだけど、少し空けすぎ。2点目は1点目のイメージが残っていたのかニアに寄りすぎて逆に流し込まれた。いないことでロリスのシュートストップはすごかったのかもしれないと思ってしまったよ。もちろんロリスなら止めていた簡単なシュートというわけではなかったけども。

ジェフェット・タンガンガ
やや長めに時間をもらい、悪くないパフォーマンスでした。先制点の時はマルシャルに付いていけなかったけれど、コースは切っていたし、出来ることはやった。何より足元が安定している。少なくともサンチェスよりは。タンガンガが信頼を勝ち取ればフォイスは本格的にサイドバックになるのだろうか。

トロイ・パロット
前半に一番良かったのはパロットかもしれない。チャンスになった場面はパロットが狭いスペースでボールを受けて強引に前を向いた時くらい。あとは残りのプレシーズンマッチで得点という結果を残せれば、シーズンにもチャンスが巡ってくるかもしれない。少なくともユヴェントス戦で少し見えたような緊張感からくる固さはもう無くなっている。

スポンサーリンク

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

-試合結果

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

[PL]第6節 ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン vs トッテナム・ホットスパー

2018-2019 プレミアリーグ 第6節 Brighton & Hove Albion 1 – 2 Tottenham Hotspur Stadium:アメックス・スタジアム …

no image

再び、上昇気流に vs ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン

強豪チームとと戦いがあったとはいえ、直近6試合で3勝3敗のトッテナム、順位が下のチームとの対戦が続く時期に入りますので、しっかり結果を残す必要があります。 まずはウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン、 …

no image

[PL]第19節 バーンリー vs トッテナム・ホットスパー

2017-2018 プレミアリーグ 第19節 Burnley 0 – 3 Tottenham Hotspur Stadium:ターフ・ムーア 得点  7分:ハリー・ケイン(Spurs) 6 …

no image

悲願のタイトルに向けここからが本気モード vs チェルシー

一番タイトルに近い大会は間違いなくこのカラバオカップ 準決勝はいつも優勝争いの邪魔をしてくるチェルシーとの対戦です。 スポンサーリンク アウェーゴールに気をつけろ トッテナムが最後にタイトルを獲得した …

no image

ほとんど望みはありません vs PSVアイントホーフェン

可能性はほんのわずかしかありません。 もはや自力では突破できないという状況 それでも目指すは今シーズンのCL初勝利だ。 スポンサーリンク 突破の条件をおさらいしよう まず現状の順位を見て見ましょう。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。