試合結果

[AUDI2019] 決勝 バイエルン・ミュンヘン vs トッテナム・ホットスパー

投稿日:2019年8月3日 更新日:

アウディカップ2019 決勝

Bayern München 2 – 2 Tottenham Hotspur

Stadium:アリアンツ・アレーナ

得点
19分:エリク・ラメラ(spurs)
59分:クリスティアン・エリクセン(spurs)
61分:フィーテ・アルプ(Bayern)
82分:アルフォンソ・デイビス(Bayern)

トッテナム・ホットスパー
FW モウラ(70’ロールズ)
MF エンクドゥ(46’ソン)、ウィンクス(46’スキップ)、ラメラ(46’エリクセン)、シソコ(84’ジョルジュ)、アリ(46’ケイン)
DF ローズ(46’ホワイト)、フェルトンゲン(46’タンガンガ)、サンチェス(46’アルデルヴァイレルト)、ウォーカー=ピータース(46’フォイス(77’マーシュ))
GK ロリス(46’ガッサニーガ)
sub:ホワイトマン、パロット

バイエルン・ミュンヘン
FW アルプ
MF Singh、トリッソ、ヨハンソン、ウィル、Nollenbeger
DF デイビス、パヴァール、ズーレ、ケール
GK ノイアー
※交代、控えは割愛(シーズン始まったらちゃんとやります)

チャンピオンズリーグで会いましょう

プレシーズンながら大会の決勝という舞台でアウェーのバイエルンと戦えるのは面白い。トッテナムはレアル戦とは反転させたようなスタメンになりました。入れ替え対象が若手になってしまう左サイドバックとかはそのままでしたが。それとエンドンベレはベンチ外です。半分とはいえ2試合連続で出場するほどにコンディションが上がってきていないということらしいです。まだ開幕スタメンはないかもしれません。

バイエルンの方は僕が不勉強なせいか、あまり知らない選手たちが数多くスタメンに名を連ねました。実況も英語なので名前もよくわからず。背番号的にも若い選手が多かったのかな。

しかしまあ低調な前半でした。まずバイエルンは選手を変えすぎたせいか、パスは回るものの決定機を作り出すためのキーパスを出す選手やドリブルで崩していける選手がおらず、ポゼッションするだけになってしまっている。4-1-4-1で人数はかかっているし、サイドバックの上がりもタイミングはいいのにチャンスは少なかった。左のエンクドゥは守備には戻るもののさほど貢献できず、右は多分ラメラだったはずですが、こちらはそもそも右サイドハーフの意識がないのでディフェンスはボランチに任せきり。そのためいい形でボールを奪えません。

攻撃に転じても、エンクドゥはサイドに張ってドリブルを仕掛けるしか芸がなく、ラメラは右スタートにされるとポジションが中途半端になり消えてしまう。そもそもワントップがモウラのため、ロングボールで体を張ってもらう選択肢も生まれないので起点ができない。ビルドアップにもなかなか苦戦していました。一度サンチェスのスルーパスからクロスまで持っていったウォーカー=ピータースのプレーは良かったですね。攻撃を期待するならフォイスよりもやはりウォーカー=ピータースなのかな。ちなみにこれ以外のサンチェスのフィードはひどいものでした。

エンクドゥの突破から見事な高速クロスを上げてラメラが押し込む形で綺麗に先制しましたが、そのほかは物凄く退屈で、観客は自分たちがウェーブをすることで盛り上がっていました。ブーイングしないなんていい人たちだ。

後半は追加点以外はほぼバイエルンペース。特にチアゴ、レナト・サンチェス、アラバが同時に入ってきたことで雰囲気はガラッと変わりました。うちのサイドバックはホワイトとフォイス、最後にはジョルジュとマーシュになりましたが、いずれもスイッチの入ったバイエルンには全く対応できず。逆転されるのも時間の問題でした。結局凌ぎ切れてPKまで持ちもめましたが、若手たちは自分の力不足を痛感したはず、本職のポジションで使われていた選手も多いから苦しかっただろうけどね。

PKはもう緩い雰囲気で肩組んでセンターサークルに並んでいる両チームの選手たちが時折談笑しながらでした。あとカメラワークが見にくい。ドローンで撮るのやめてくれよ。トッテナムがエリクセン以外全員決めて、ガッサニーガが2本止めた。7本目くらいまで行きましたけど、これにて優勝。アウディカップありがとうございます。

スポンサーリンク


気になった選手たち

ジェフェット・タンガンガ
後半にバイエルンが気合を入れてきてからも、他の若い選手たちとは違い問題のない対応を見せていた。加えてボールプレーにも安心感がある。前後半で入れ替わったけど、ダビンソン・サンチェスよりも良い。もう断言してしまう。サンチェスより良い。センターバックとしての守備力や展開力ではさらにフォイスよりも良い。これは今年メンバーに入ってくるぞ。3番手として。

ムサ・シソコ
パフォーマンスは期待通り。エンドンベレに触発されているのかゴール前まで行く場面がこれまでよりも増えてきたかな。相変わらず得点はないのだけど。
しかしボランチの候補生がいないとはいえ、2日間で1.5試合は流石に酷ではないでしょうか。最後には足をつって交代になりました。お疲れ様です。

ジャック・ロールズ
プレシーズンで何度か出番はもらっているし、今日も右サイドハーフでの出場でしたが、いまだにどんな選手なのかわからない。無難なプレーしか出来ない印象しか残っていません。まだ良し悪しは言わないけど。
PKの時は立候補で5番手になったらしい。心意気は買うよ。よく決めました。

スポンサーリンク

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

-試合結果

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

止めるべきところを止められるのか vs クリスタル・パレス

ハードな連戦はこれで一旦落ち着きます。 プレミアリーグ第12節、クリスタル・パレス戦です。 スポンサーリンク 例年通りのパレス 降格争いをギリギリでくぐり抜けるポジションが定位置になってきましたクリス …

no image

敵は己の慢心にあり vs アーセナル

ビッグマッチウィークの締めくくりは日曜開催のノースロンドンダービー! スポンサーリンク 負ければ5位転落もあるぞ アーセナルのベンチにアーセン・ベンゲルの座っていないノースロンドンダービーは僕が応援す …

no image

負け越すことは許されない vs アーセナル

カラバオカップは5回戦 2週間の時を空けて、再びノースロンドンダービーを。 スポンサーリンク この大会も生き残りたい 12月2日の対戦ではエミレーツ・スタジアムで4-2と完敗しました。試合に向けるエネ …

no image

[PL]第15節 ワトフォード vs トッテナム・ホットスパー

2017-2018 プレミアリーグ 第15節 Watford 1 – 1 Tottenham Hotspur Stadium:ヴィカレージ・ロード・スタジアム 得点 13分:クリスティアン …

no image

ロンドンの覇者は譲れないのだ vs アーセナル

早いものでプレミアリーグは残り10試合となりました。 どんなに調子が上がらなくても、この試合だけは負けるわけにいかない。 29節、ノースロンドンダービー スポンサーリンク 今シーズンは1勝1敗 12月 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。