[FA]4回戦 ウィコム・ワンダラーズ vs トッテナム・ホットスパー

2020-2021 FAカップ4回戦

Wycombe Wanderers  1 – 4 Tottenham Hotspur

Stadium:アダムズ・パーク

得点
25分:フレッド・オニエディンマ(Chairboys)
45分:ギャレス・ベイル(Spurs)
86分:ハリー・ウィンクス(Spurs)
88分:タンギ・エンドンベレ(Spurs)
93分:タンギ・エンドンベレ(Spurs)

トッテナム・ホットスパー
FW モウラ(68’ソン)、ヴィニシウス(57’ケイン)、ベイル
MF ウィンクス、ラメラ(68’エンドンベレ)、シソコ
DF デイビス(90’ロドン)、アルデルヴァイレルト、サンチェス、タンガンガ(46’ホイビュア)
GK ハート
sub:ガッサニーガ、レギロン、オーリエ、ベルフワイン

ウィコム・ワンダラーズ
FW イクピーズ(72’アキンフェンワ)、ムスクウェ(72’カシュケット)
MF オニエディンマ、トンプソン、ブルームフィールド(61’マッククリアリー)、ウィーラー
DF ジェイコブソン(35’チャールズ)、マッカーシー、ナイト、グライマー
GK アルソップ
sub:ストップデイル、パティソン、アデニラン、メーメティ、サミュエル

延長戦を回避できてよかった。

5回戦進出です。

スポンサーリンク

徐々にギアを上げる戦い方

 8部のクラブと3回戦を戦った後に2部の最下位との対戦です。比較的組み合わせには恵まれていると言って良い。全ての大会で勝ち残っているために過酷な日程となっていて、2日空けてリヴァプール戦の控えるスパーズはメンバーを大きく入れ替えた。シェフィールド戦から連続スタメンはデイビスのみ。しかしベンチには主力級を並べてきた。若いアカデミーの選手を一切入れなかったのは、この試合は3回戦とは違うぞというメッセージだ。

 今年初めてチャンピオンシップを戦うクラブという前情報だが、しかし綺麗なスタジアムだよね。1万人前後の収容人数とはいえ、主に3部以下で戦っていたクラブにもこんなスタジアムが当たり前なイングランドは本当に羨ましいなあと思った。

 ウィコムの戦略は単純明快。最前線にイクピーズという異様にデカイCFを置き、まずはそこに放り込む。これのまあ強いこと強いこと。おそらく単純なバトルではシソコも敵わないんじゃないだろうか。少なくとも、アルデルヴァイレルトは完敗だった。まだ25歳らしいし、プレミアで残留を争うようなクラブは獲得を検討してもいいんじゃないだろうか。彼一人でチーム戦術が決まるような選手だった。

 先制ゴールはそんなイクピーズがサイドでスローインを受け、アルデルヴァイレルトがぶつかりに行くも、一切動じることなく反転されてクロスを上げられたことで生まれた。完全に吹っ飛ばされたアルデルヴァイレルトの対応ももう少しやり方を考えるべきだったし、入ってきたクロスに気の抜けたクリアをしたサンチェスもちょっと微妙だった。

スポンサーリンク


 対するスパーズはあんまり選手間がうまく連動できていなかった。動きのないスリートップがボールを引き出せず、後ろからいい形で運べない。スタメンチャンスをもらった選手の中で争いに加われそうなのはウィンクスくらいじゃなかろうか。みんな気持ちは入っていたけど、あまり効果的じゃなかった。

 ヴィニシウスは裏を狙う役割だったが、オフサイドが多く成功はなかった。モウラはドリブルはこのレベルだと無双してたけど、いつも通りそこまで。ベイルも仕掛けは良くてコンディションが上がっていることはわかったけど、全体的に運動量が少なくて、ボールが来ない間は引き出す努力を感じられなかった。あとほとんど守備に戻ってはいなかったと思う。

 ラメラは組み立てに四苦八苦していていろいろ試しながら頑張っているのはわかったし、ボール回しの中心にはいたけど、最終的にチャンスはあまり作れていなかった。前半で変えられてしまったタンガンガはボールも足に付かないし、プレー選択を迷いすぎてリズムを狂わせていたから妥当な交代かな。

 後半の頭にホイビュアを入れるとウィンクスとホイビュアのところからビルドアップできるようになってきた。ケインを入れると起点が出来るようになり、ソンは破壊力をエンドンベレは創造性をチームにもたらした。この4人がいかに重要視されているのかが明らかになった結果だったし、徐々に本気になっていくような大人なクラブの戦い方をしていてなんか成長を感じたよあたしは。

 とはいえ逆転弾はなかなか生まれず、ウィコムも流れを変えるべく、イクピーズに変えてさらなる巨漢のアキンフェンワを入れてきたときは思わず笑ってしまった。もうあれはサッカー選手じゃねえよ。現実味のない身体つきだった。車の運転席とか座れんのか。

 が、流れはスパーズのままエンドンベレが試合を決めた。ウィンクスのゴールに繋がる起点はエンドンベレからケインへのパスで、そこから自身も2ゴール。こんなに簡単に決めちゃうんだっていうくらい終盤はなんかあっさりしてた。エンドンベレは流しの練習みたいにプレーしてた。

 途中から出場することになった選手たちもホイビュア以外は調整のようなプレー時間でおそらくリヴァプール戦への影響はないだろう。延長戦にならなくてよかったよ。

 FAカップ5回戦はエヴァートンとの対戦が決まっている。ここからは今日のようなローテーションでは難しいだろうから、より体力的にも苦しくはなるが是非とも開幕戦のお返しをしてほしい。

スポンサーリンク

関連

2020-2021シーズン 試合結果一覧

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。