なんか大きな壁に見えてる vs エヴァートン

8部、2部と恵まれていたFAカップですが、5回戦はエヴァートン。

さあ、ここからだ。

スポンサーリンク

ギアを上げないと越えられないぞ

 思い出さずにはいられない開幕戦。噂の「2年目のモウリーニョ」の始まりであり、それなりに補強も出来ていた期待値を、スパーズ以上の補強でシーズンに臨んだエヴァートンに挫かれてから今シーズンは始まっている。

 開幕から公式戦7連勝でエヴァートンのシーズンはスタートし、やや調子を落とした時期も乗り越えて、今や1試合少ないのにスパーズの1つ上の順位にいる。本来エヴァートンにはこのくらいやってもらった方がリーグが盛り上がるものだと毎年思っていたのに、今年に関しては非常に厄介な相手に見える。ベンチまで見ても厚い選手層だ。

 抱えている選手の質だけで比べるのなら、スパーズが恐れる理由なんてないはずなのに、今はエヴァートンがすごく大きく見える。絶不調のWBAに勝ったからといって劇的にチームが変わるわけじゃない。もう1つ2つとギアを上げていかないと、後に響くような負け方をしかねない状況であることは肝に命じて戦ってほしい。

 しかし週末のシティ戦までずっと中2日で4連戦を戦う選手たちを多少休ませつつメンバーを組む必要はあると思われる。特に心配なのはデイビスとホイビュアの2人。レギロンがいないのでデイビスを休ませるためには誰かを無理やり左で使わないといけない。ただ即席のサイドバックで戦うにはきつい相手でもある。どうするだろうか。思いつく代案はいずれも微妙だ。

 ホイビュアのポジションは、人はいるのに代わりがいないという状況にある。シーズンのこれからを考えると無理させて失った時の代償が大きすぎるために、勇気を持って休ませておきたいところだ。少なくとも今はウィンクスもシソコも健在なのだから。

 そんなメンバー選考から、モウリーニョがこの大会をどう位置付けているか知ることができそうだ。最近の戦いを見ていると、出場している4大会すべてにまだ優勝の可能性が残っているなんて奇跡のように感じるよ。

キックオフは日本時間21:00です。

トッテナム・ホットスパー:予想フォーメーション
FW ベルフワイン、ケイン、ベイル
MF ウィンクス、ラメラ、シソコ
DF デイビス、ダイアー、サンチェス、ドハーティ
GK ロリス

スポンサーリンク

関連

2020-2021シーズン 試合結果一覧

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。