[PL]第34節 トッテナム・ホットスパー vs シェフィールド・ユナイテッド

2020-2021 プレミアリーグ 第34節

Tottenham Hotspur 4 – 0 Sheffield United 

Stadium:トッテナム・ホットスパー・スタジアム
通算戦歴:37勝15敗6分(勝率:64%) 

得点
36分:ギャレス・ベイル(Spurs)
61分:ギャレス・ベイル(Spurs)
69分:ギャレス・ベイル(Spurs)
77分:ソン・フンミン(Spurs)

トッテナム・ホットスパー
FW ソン、ケイン、ベイル(75’ベルフワイン)
MF ホイビュア、アリ(78’ラメラ)、ロチェルソ(70’ウィンクス)
DF レギロン、ダイアー、アルデルヴァイレルト、オーリエ
GK ロリス
sub:ハート、サンチェス、ドハーティ、シソコ、エンドンベレ、モウラ

シェフィールド・ユナイテッド
FW ブリュースター(46’バーク)、マクゴールドリック(83’ムセ)、オズボーン
MF スティーブンス、フレック、ノーウッド、ボーグル(46’ベルゲ)
DF バルドック、イーガン、バシャム
GK ラムズデール
sub:フォダリンガム、ジャギエルカ、ロウ、ロビンソン、ゴードン、ランドスラム

スポンサーリンク

こんな試合を見たかったのよ

 残る5試合全てがカップ・ファイナルだ。とまあ良くあるフレーズで発破をかけたメイソンはまず一つ目の優勝を勝ち取った。ボールを握って最後まで攻撃の姿勢を崩さずに大勝。今シーズン最も安心して見ていられた試合の一つだった。

 ”メイソンらしさ”としての今日の変更はボランチの一角にロチェルソを置いたことと、不遇のアリを先発起用したことだった。攻撃的な姿勢で試合を進めようとするにあたって、ボランチに置かれたロチェルソはいい仕事をしていた。数多くボールに触ってリズムを生んでいた。もちろんブレイズを相手にすれば守備の時間は多くはならないという算段があってのことだろうが。

 それからちょっとアリの話。パスミスだったり単純なコントロールミスだったりは少なくなかったし、それだけでも今日の起用は純粋なポジション争いの結果ではなかったことがわかる。残る対戦カードの中では一番お試しのしやすい試合だったことは間違いない。

 ただ、モウリーニョの下での数少ない出場機会に比べると、よっぽどやりやすそうに見えた。誰よりも走っていたのがデレ・アリだったし、長らく見られていなかった、ソンやケインとの近い距離での連携もあった。常にボールを引き出そうと走り続けていたし、低い位置でボールに触れたシーンもあれば、裏を狙って走っていたこともある。しばらくアルデルヴァイレルトの必殺のロングパスの受け手はソンだけだったが、アリも狙っているということで相手は難しかっただろう。

 まだトップ下の数多い候補生に勝てるほどのパフォーマンスではなかったと思うが、復活の可能性は十分に感じられたと思う。少なくともメイソン体制では出番はあるだろうし、むしろ急に冷遇され出したエンドンベレの方が心配です。

 試合を通じてスパーズが主導権を握っていた。ブレイズのカウンターが迫力に欠けていたこともあり、苦労しそうな雰囲気はなかった。ちょっと相手の状態が悪すぎて、スパーズの試合内容を手放しで褒めるのもどうかと思うけど、攻撃的な方向性だけはやはり見ていて気持ちがいいものだね。

 最後になんと言ってもギャレス・ベイルのハットトリックが今日のトピックスだ。ハーフバウンドのボールを流し込んだテクニカルな先制点、カウンターに抜け出したシュートも簡単には見えないパワーとコースだったし、最後にはコースを狙ったミドルシュートだ。

 シーズンの半分はコンディションがどうこう言って出番はほとんどなく、出場機会が増えていっても途中からか途中交代ばかりだったにしては、リーグ戦9ゴールは出来すぎている。もしかすると、ベイルのレンタルは稀に見る成功例だったんじゃないかと思えてくるよ。

スポンサーリンク

関連

2020-2021シーズン 試合結果一覧

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。