ニュース

プレミアリーグが夏の移籍期間短縮を検討しているらしい

投稿日:

現在は前のシーズン終了から現地時間の8月31日までが移籍期間となっているが、どうやらこれをリーグ開幕の一週間前までとする案が浮上していて、来月にも可決される見通しだというニュースが出ていました。

どうやらプレミアリーグのみの変更らしく、国外への移籍は対象外のようです。そしておそらくフリーとなっている選手の登録も可能だと思われます。

制度が変更になった場合のメリット、デメリットを考えてみました。

スポンサーリンク

メリット

・開幕時までに移籍を完了させなければならないため、戦力の見通しが立てやすくなる。

今のスパーズのように、交渉がうまくいっていない、もしくは移籍金をめぐる駆け引きのために、シーズンが始まっているのに補強のことを考えなければならないというケースが減少すると思われます。
期間ギリギリだから安くても売りたい、という思惑を持つクラブは毎年ありますが、それは期限が早まるだけのことなのでうちのようなやり方は今後も行われるでしょうね。そこは変化なし
開幕しているのに主力への噂の絶えない小クラブには良い面もあるでしょう。もう補強できないとなると、断る理由にもなりますし、他のクラブが手を引いてくれる可能性もあります。

・国内移籍でもめている選手の対応に追われなくなる
移籍したい選手と売りたくないクラブが揉めてしまい、所属しているのに試合に出場できないというケースは少なくなります。
去年のパイエのように、モチベーションが下がってしまい、欠場するというのはありえますが、ただもめているよりはマシです。
ジエゴ・コスタのような海外への移籍のケースはまた別ですが、多少なりとも良くなるでしょう。

スポンサーリンク

デメリット

・外国のチームに引き抜かれてしまっても穴埋め補強ができない。
一番大きいのはこれです。
プレミアリーグのみの決定のため、国外移籍が決まってしまうと、その分の補強が行えなくなります。
金額を釣り上げて断固拒否の姿勢を見せたとしても、選手が移籍を望み、法外な金額を提示されては防ぎようがありません。
すでにインフレが止まらない中、拍車をかけてしまう可能性も大いにあります。

・実戦を通して見えてきたポイントを修正しにくい
例えば今のチェルシーのように始めの数試合の結果を受けて、補強に本腰を入れるクラブもないとは言えません。
正直これに関しては自業自得、見通しの甘いフロントが責任と取れば良いだけなのですが、これまでのやり方に慣れているクラブは最初は失敗するかもしれません。

結論

結論というか僕の意見ですが、いい施策なのではないかと思います。
というか、プレミアを皮切りに欧州全域に広まってくれればいいと思いますし、誰かがやらないと是正されないことなので。
やっぱりシーズンが始まっているのに試合に集中できないのは良くないですし、短くなっても2か月くらいはあります。実際は水面下でもっと早く動いているところもあるだろうし。

というわけで、賛成に一票

 
-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

スポンサーリンク

-ニュース

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

キャメロン・カーター・ヴィッカース、契約延長ののちレンタル移籍へ

数日前のニュースで恐縮です。 プレシーズンマッチも数試合に出場し、今シーズンのトップチーム定着の可能性もあったCCVですが、トッテナムと2020年までの契約延長とともに今年からチャンピオンシップに昇格 …

no image

補強はないけどレンタル移籍はあったみたいです。

やや遅れてのお話ですが、補強なしと騒がれたスパーズからレンタルで出て行った選手はいました。 オノマーとカーター=ヴィッカースは今年も修行です。 スポンサーリンク おそらく勝負の年 まずはオノマーの話か …

no image

ヤンセンとの時間は終わってしまった。

プレミアリーグとチャンピオンズリーグの登録メンバーが発表されました。 そしてそこにフィンセント・ヤンセンの名前はなかった。今日はそのお話 スポンサーリンク 明確に戦力外通告 フィンセント・ヤンセン、2 …

no image

プレシーズンレポート3

昨日あげた記事ではクリントン・エンジの情報がなかったと書きましたが、ほぼ入れ違いにレンタル先のマルセイユへの完全移籍が発表されました。 移籍金は出ていませんでしたが、レンタル時の報道だと、買取オプショ …

no image

ライアン・メイソンの引退

トッテナムの下部組織出身のMFライアン・メイソンが負傷から回復することができず引退することが発表されました。 スポンサーリンク 頭蓋骨骨折の大怪我 2017年1月22日、ハル・シティvsチェルシーの一 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。