コラム

ライバルはどこだ 1 / 2

投稿日:2017年5月30日 更新日:

ノースロンドンダービーを巡る赤と白

トッテナム・ホットスパーのライバルは??

そうアーセナルです。それはもちろんそうなんです。
でも最近ではその他にも熱を込めて見ているカードがありますよっていう話
2回に分けて書きますね。シーズンまとめもやりかけですが。。

1913年にアーセナルが近くに移転してきて以来のライバル関係
いわゆるノースロンドンダービーは世界でも有数のダービーマッチとして知られています。
今年で惜しまれながらもその役目を終えたトッテナムの本拠地ホワイト・ハート・レーンで最も対戦した相手もこのアーセナルだったようです。

とはいえ僕が応援し始めてからもスパーズはずっとアーセナルの後塵を押してきました。
アーセナルは毎年のようにCLを戦い、プレミアリーグでも優勝を争ってきました。
かたやスパーズの目標はCL圏内である4位以内でそれを達成できたシーズンもほんのわずか。
スパーズより上位でのフィニッシュが決まった日を、アーセナルのファンが「セントトッテリンガムデイ(ST.Totteringham’s Day)」としてお祝いするのは毎年の恒例になっていました。

スポンサーリンク

22年ぶりに・・・

しかしその忌まわしき祭日は今年はやってきませんでした。
2017年4月30日
ホワイト・ハート・レーンの最終年にこの本拠地でアーセナルを破り、見事アーセナルより上位でシーズンを終えることが確定しました。
なんと22年ぶりの事、あまりに久しぶりの出来事で各紙も「逆セントトッテリンガムデイ」と報じていました。
まだ言葉できてないのね(笑)

スパーズファンがアーセナルのペジェリンにちょっかい出したなんてニュースも出てました。

「君たちはチャンピオンズリーグを逃したんだ!」

「何か勝ち取ってから言え!!」

日本ではなかなかないですねこういうの。

 
そして今度はアーセナルがFAカップを優勝し、スパーズファンとのいざこざがありました。

「トッテナムサポーターが泣いてるぜ!」
「スパーズはタイトルを取れていない!」

「FAカップを取ってもCLには出られない!」
「カップ戦よりCL出場権が重要!」

ま、どっちもどっちすね。
逆の立場だったとしても同じこと言ってるでしょう(笑)

今シーズンだけを見ればアーセナルの方がスパーズより上なんだと、本心で言えるファンはいないでしょうね。
完成度も来シーズンへの期待度もスパーズの方が上です。間違いなく。
アーセナルの方がいいサッカーしてたなんて言える人は見る目ないです。
これまではともかく今シーズンは、ね。

CLこなしつつ来年もアーセナルこえて何も言えないようにしてやりたいですね!

僕はとりあえずベンゲル続投願っときますよ。。。

続きを読む

 
おわり

 
-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

スポンサーリンク

-コラム

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

[2017-2018シーズン総括]ポジション別評定と補強考察〜MF編〜

シーズン総括、続いては中盤編 スポンサーリンク 流動的に変わった中盤 背番号 名前 出場数 11 エリク・ラメラ 33 12 ビクター・ワニャマ – 15 エリック・ダイアー 47 17 …

no image

攻撃力が戻ってきたぞ

11月は6試合で8得点でした。3勝2敗1分 12月は7試合で20得点でした。5勝1敗1分 考えましょう。このワケを。 スポンサーリンク 受け身なスタイルからの脱却 急に得点数が増えました。まあ主にケイ …

no image

[2017-2018シーズン総括]ポジション別評定と補強考察〜FW編〜

ポジション別の最後はフォワード スポンサーリンク 今年も変わらぬ得点力 背番号 名前 出場数 7 ソン・フンミン 53 10 ハリー・ケイン 48 18 フェルナンド・ジョレンテ – ※出 …

no image

ワールドカップを狙うトッテナムの選手達

まだシーズン途中ですが、今年はロシアワールドカップの年 残りの試合は各国各選手の最後のアピールの時間でもあります。 スパーズの所属選手達の出場の可能性を考えます。 スポンサーリンク 出場しない国の選手 …

no image

スパーズ恒例の「今年のブレイク」を狙うフォイスとガッサニーガ

補強のなかったチームの中で新戦力のような存在感を見せている2人がいます。 継続的に力を発揮し定着することはできるのでしょうか。 スポンサーリンク 若手の育成に定評あり プレミアリーグの他のクラブに比べ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。