コラム

2018-2019シーズンの展望とトッテナムの目標

投稿日:

開幕してしまいましたがまだ許されると思っています。

2018-2019シーズンについて考えておきましょう。

スポンサーリンク

シティを追撃できるのはどこか

シーズンを跨いで変わらぬプレミアリーグの合言葉「ストップ・ザ・シティ」
開幕戦は軒並み順当な結果に終わったようです。そのシティはアーセナルを下して順調な滑り出し。今季もよほどのことがない限りシティを中心にプレミアは進んでいきます。

対抗馬となりうるのはビック6の残り5チーム。監督の変わったばかりのアーセナルとチェルシーは4位に入れれば御の字だと思いますが、両者とも戦術家と呼ばれる監督なので一発勝負では力を発揮してくるでしょう。ちゃんとリサーチしてくる上位対決をかき回してくれるはずです。

トッテナムとユナイテッドは補強に失敗し、期待値が下がってしまいました。しかし去年の2位と3位です。ここまで目立った放出もないのでいわば現状維持。なぜかユナイテッドはモウリーニョ解任の可能性についても報じられています。個人的には今シーズン途中に成績が悪化し、モウリーニョの解任は予言したいところですが、さすがに記事になるのは早すぎませんか。

となれば最右翼は移籍市場で満点級の立ち回りを見せたリヴァプール。CL準優勝の成績も弾みになり、大方の予想では唯一の対抗馬と言われています。確かに明確にチームの弱点を埋め、戦力に厚みを持たせたのは見事。不安定さが拭えないのがここ数シーズン続いていますが、それも徐々に改善されている傾向です。強し。

スポンサーリンク

主力の維持は最高の補強か

さてトッテナムに注目しましょう。
ポチェッティーノが嘆いていた通り、プレミアリーグだけ移籍市場が早くしまったことで、外国のクラブからは手が伸びています。エリクセンにはパリ・サンジェルマンの報道が出ていたし、ローズにはシャルケ、アルデルヴァイレルトにはバイエルンから。ラ・リーガ開幕後もレアルの調子が上がらなければまたケインやアリやトリッピアーの名前は出てくるでしょう。

確かに放出はない。ただけが人は多く、序盤のことを考えても補強はあるに越したことはなかった。もう終わったことなので前を向くしかないけれど、これで振るわないシーズンになったら首脳陣はどう責任を取るのでしょうか。月末までは不安な日々が続きますね。あと、今のままではやや人数過多なのでレンタルで出て行く選手はいると思っています。具体的にはフォイス、カーター=ヴィッカース、ウォーカー=ピータースの中から2人。エンクドゥ、オノマー、ヤンセンの昨季レンタル組もレンタル先でもプレシーズンでも特別な働きを見せたわけではないので、戦力外だと思われます。

これからの放出は読めないのでちょっと割愛して不安点は3つ
クラブがゴネて移籍できなかった選手のベンチでのモチベーション。新スタジアム、ボランチ、です。
一つ目はまあわかるとして、スタジアムは今問題が起きているようです。何やら最終盤の検査で安全上の問題がわかったとかで使用開始の日程が定まっていません。当初はフルハム戦のみウェンブリーで戦い、9月15日のリヴァプール戦でお披露目になるはずでしたが、お預けになり最短で10月28日のシティ戦の予定です。正直ピッチ外の問題まで持ち込まないでほしい。補強失敗にスタジアム問題。フロントは全員バカンスでしょうか。

それからボランチの件。今一番の補強ポイントはここだった。けが人のせいで全く足りていない。足つっちゃうくらいのコンディションのダイアーとコンバートのシソコで開幕スタメンを組むあたり、もっと本気で取り組む問題です。ワニャマもウィンクスもなかなか戻ってこないし、デンベレ、ダイアーコンビ以外ないのは痛い。シソコは使われてはいるけど物足りなさは否めません。エイモスやスキップの成長にかけているのかもしれないけど、そんな余裕あるのか疑問です。

スタジアム問題には悩まされていますが、逆に今シーズン最大のモチベーションでもあります。コメントは出ていないけど、スタジアムの完成することしだから残ろうと決めてくれた選手もいると思っています。去年すんなりウェンブリーでやれたスパーズなら、慣れの問題はきっと大丈夫。とてもとても楽しみです。トッテナム・ホットスパー・スタジアム。

あとは毎年言われている「経験値」という言い訳もそろそろ使えなくなってきました。メンバーも入れ替えは少ないし、年齢的にも中堅どころになってきている。そして何より、ワールドカップを最後まで戦い抜いた経験がプラスされました。

先日の記事で今年は2位を予想しました。まわりが言うほど悪くはないと思うし、そりゃ優勝のイメージは見えにくいけど、別にまだ優勝争いをして当然のクラブではないので、これでいいのでは。毎年ある調子の悪い時期を乗り越えるアイデアを今年は見せて欲しい。ケインやエリクセンも常に最高の状態を保てないのは人間だから仕方ない。

さてなんかネガティブな記事になってしまって申し訳ない。書いたらいろいろ出てきちゃったけど、今年も十分に楽しませてもらうとしましょう。もう一度行っておきますが、スパーズは今年2位です。かかってきな!

スポンサーリンク

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

-コラム

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

いなくなってわかったチームの心臓、トビー・アルデルヴァイレルト

結果、内容ともにうまくいかない日々が続いています。 この男の不在が日に日に大きくのしかかってきているようです。 ベルギー代表の28歳、トビー・アルデルヴァイレルト スポンサーリンク 今年も埋められない …

no image

使い分ける2つのフォーメーション

今シーズントッテナムは複数のフォーメーションを使用するチームに変貌しました。 昨年の前半は4-2-3-1で後半はチェルシーに始まる3バックの流行に乗り、3-4-2-1がメインでした。 今は4バックはほ …

no image

大混戦の残留争いは4位争いにも影響を及ぼす その1

優勝はほぼ決まったプレミアリーグの見所は4位争いと残留争いを残すのみ。 しかしこれがまた例年になく熾烈です。 スポンサーリンク 残留ラインは40ポイント 2017-2018シーズンのプレミアリーグも残 …

no image

得点王を予想してみたけどさほど面白くなかった

週末に開幕を控えたプレミアリーグが楽しみで夜も眠れないみなさまこんばんは 先立って2017-2018シーズンの得点王を予想してみました。 シーズンを通しての得点王となれば、上位陣の選手がなる可能性は高 …

no image

2016-2017シーズンを終えて 2 / 2

前回の記事でシーズン終わっての感想を書いてましたが、その続きです。 今回はフォーメーションや選手についてまとめてみます。 Contents1 2種類のフォメーション2 GK3 DF4 MF5 FW 2 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。