コラム

[2017-2018シーズン総括]ポジション別評定と補強考察〜FW編〜

投稿日:

ポジション別の最後はフォワード

スポンサーリンク

今年も変わらぬ得点力

背番号 名前 出場数
ソン・フンミン 53
10 ハリー・ケイン 48
18 フェルナンド・ジョレンテ

※出場数は公式サイトを参照。「-」の選手は表記なしだったものです。

今年も健在ハリー・ケインは得点王こそ逃したものの、自己最多の30ゴールを記録。毎年着実に成長を続けています。組み立てに絡む時間が減っているように感じる時期もしっかり得点を奪ってきました。試合後のレヴューの旅の「もっと動いたほうがいい」的なこと言ってきましたが、言いがいがない。今年もありがとうございました。

スパーズの悩みといえばケインの存在が大きすぎて、サブの選手が輝けないこと。はっきり言って途中交代やケインの離脱時に同じくらい活躍しちゃえる選手ならここにはいません。でも求めてしまうのが僕らの勝手な性分です。ヤンセンはレンタルで修行に出ていて今年の生贄は元スペイン代表、フェルナンド・ジョレンテ。高さと強さを生かしたポストプレーが売りで、自分の得点にこだわりすぎないスタイルは、自分の能力を知り尽くしているベテランのなせる技。好きだったけど、ポチェッティーノの信頼はつかめず、ヤンセンと同様に2番手の座はソンに奪われてしまいました。

スポンサーリンク

ケインがいれば安泰か?

いろんな話はあれど、ケインはいてくれると信じています。ジダンが退任を発表したレアル・マドリーではベイルやクリスティアーノ・ロナウドにも放出の話があります。先日契約を延長したばかりのポチェッティーノがジダンの後任にリストアップされているとも言われている。そしてポチェッティーノとともにケインも持って行きたがっていると。そりゃどのチームでも欲しがるでしょうが、この二人はスパーズの象徴。いい加減にしろ。

エースの陰に隠れているけど、チーム2番目のスコアラーはソン・フンミン。中盤左が本職ですが、一応公式にはフォワード登録のようなのでこちらに入れています。テクニカルなMFが多い中で、個で違いを作れるソンは貴重です。サイドアタッカーでありながら、ワントップにもツートップにも対応できます。状況に応じて右でもプレーできるようになりました。

やはり課題はケインの控え。ジョレンテは年齢も年齢なので、おそらく新しい選手を探すのではないかと。個人的にはヤンセンが活躍する姿を見たい。フェネルバフチェではあんまり活躍していないみたいなので厳しいかもしれないけど。

絶対的な存在がいるときは控えとで差が出てしまうことは仕方ない。どのチームもだいたい同じです。ソンのように2列目もこなせる選手の方がいい顔しれません。とりあえずケインが残れば、怪我がなければよし。

スポンサーリンク

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

-コラム

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

冬季市場での補強ポイントを考える2017-2018

エンクドゥのバーンリーへのレンタル移籍が決まってことで、トッテナムも動き出しました。 冬の移籍市場は1/1から1/31まで。 選手の獲得に動くのでしょうか。 スポンサーリンク 難しい冬の移籍 一般的に …

no image

大混戦の残留争いは4位争いにも影響を及ぼす その2

リーグ戦は残り試合9試合です。 前回の記事の続きですが、2試合挟んだので少し順位が変わってしまいました。それも踏まえてこの先の戦いに注目します。 スポンサーリンク 8チームによる降格争いか まず、最下 …

no image

ホームをウェンブリーで戦うことによって得たものは

ホワイト・ハート・レーン改修のため、今年一年間をウェンブリーで戦っています。 開幕前の不安をよそに今やすっかりホームらしい力強さを見せてくれています。 スポンサーリンク 増えた戦術の幅 ホワイト・ハー …

no image

2017-2018シーズン中間査定〜10節終了時点〜

2017-2018シーズンもおよそ4分の1が終了しました。早いですね〜 ここまでの戦いを振り返り、各選手の採点をしてみたいと思います。 Contents1 成績2 GK3 DF4 FW5 監督6 総評 …

no image

ダビンソン・サンチェスとトッテナムのスリーバック

今夏にトッテナムの史上最高額の移籍金でアヤックスより獲得したダビンソン・サンチェス 近年では獲得した選手たちが馴染むのに時間がかかるケースが多いですが、早くもスタメンに定着しています。 スポンサーリン …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。