ニュース

キーラン・トリッピアーと22年まで契約を延長

投稿日:

イングランド代表にも選出されている右サイドバック、キーラン・トリッピアーとの契約を22年まで延長したと発表されました。

カイル・ウォーカーがマンチェスター・シティへの移籍を決めたばかりだったので、ひとまず安心の報道です。

スポンサーリンク

来シーズンはトリッピアーの年になるのか

実はマンチェスター・シティのアカデミー出身のトリッピアー
シティでは出場機会を得られず、バーンズリーヘのレンタルを経験し、2012年にはバーンリーでプレーしていました。
移籍当時はチャンピオンシップ(英2部)でしたが、2014-2015シーズンはプレミアリーグでプレーし、そこでの活躍が評価され、シーズン終了後にトッテナムに移籍しています。

この2年間は同い年のウォーカーという壁が高くそびえ立っていましたが、今シーズン終盤には出場機会を増やしていました。
身体能力ではウォーカーの方が上ですが、トリッピアーには誰にも負けない武器があります。

クロスの精度の高さです。

ウォーカーがその点弱めなのでより目立ちますが、今シーズンを見る限りトリッピアーのクロスはプレミア随一のものでしょう。
合わせるクロスもあり、高速クロスもあり、どれもピンポイントに真ん中の選手に合わせてきます。

特にうまいのが、ダイアーやアルデルヴァイレルトの裏をとるミドルパスに抜け出し、ダイレクトで放り込むクロスです。
あれはもう見事。裏を取った時の受け手がトリッピアーだと、「さあ、いいクロス上がるぞ」と安心してみて入られます。
ケインとの呼吸もバッチリなので、かなり期待できると思います。

スポンサーリンク

5000万ポンドで放出したウォーカーの後釜が、2年前に350万ポンドで獲得したトリッピアーとなれば、経営陣はしてやったりでしょうね。
そのウォーカーでさえ獲得時は450万ポンドほどでした(8年前ですが)

今のうちのサイドバックをつとめられる選手がこんな値段では転がっていないのですが、ダイアーのコンバート、もしくはキャメロン・カーター=ヴィッカースだけというのはだいぶ無理がありますので、トリッピアーには再び新規獲得選手とのポジション争いが待っているはずです。

左サイドのベン・デイビスの方がローズの怪我により出場機会はありましたが、まだシーズンを通じては不安かなという印象はまだあります。
しかし、トリッピアーは守備面は成長の余地ありとはいえ、任せてもいいんじゃないかと思えます。
若い選手が育っていき、いずれスタメンを任されるという循環を見ればさらに年下の選手にとっても希望が湧くでしょうね。

契約を全うするなら30歳を超えるまでスパーズに在籍することになります。
活躍次第では引き抜かれるかもしれませんが、その覚悟をぜひ来シーズン見せてください。

 
おわり

 
-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

スポンサーリンク

-ニュース

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

代表でも桁違いの存在感、クリスティアン・エリクセン

今週行われたロシアワールドカップ予選の結果により、出場する全32チームが決定いたしました。 圧巻の活躍を見せたエリクセンを中心にスパーズの選手たちの戦いを調査いたします。 スポンサーリンク 予選を戦う …

no image

[移籍情報]うわさに上がっている選手たち 6/19時点

まだ移籍一号は出ていません。例年通りではありますが。 これを書いていると他のチームの選手に対する知識なさすぎることがわかります。 スポンサーリンク Contents1 DF編1.1 セルジュ・オーリエ …

no image

ハリー・ケイン、ファン選出の年間最優秀選手賞獲得!

Embed from Getty Images 終盤のラッシュで逆転! スパーズのストライカー、ハリー・ケインがイングランド・プロサッカー選手協会(PFA)のファンが選ぶシーズン最優秀選手賞を受賞しま …

no image

[移籍情報]うわさに上がっている選手たち 7/9時点

マンチェスター・ユナイテッドがロメル・ルカクの獲得を決め、引き抜かれたエバートンはプレミア1積極的な補強を行っています。 財布の紐の固いアーセナルすら、クラブ記録を更新し、ラカゼットを獲得しました。 …

no image

トッテナムのサポーターでもアーセン・ヴェンゲルには敬意を払いたい

トッテナム最大のライバルはご存知アーセナル あのユニフォームをまとった選手は好きになれないのがサポーター心理というものですが、このニュースには不思議な感情が沸き上がります。 アーセン・ヴェンゲル、退任 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。