ニュース

チャンピオンズリーグはレアル・マドリーと同組に

投稿日:

2017-2018シーズンのチャンピオンズリーググループステージの組み合わせ抽選が行われ、トッテナムは現在2連覇達成中のレアル・マドリー、ドルトムント、アポエルと同じグループHに入りました。

スポンサーリンク

組み合わせ

グループA
ベンフィカ(ポルトガル)
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
バーゼル(スイス)
CSKAモスクワ(ロシア)

グループB
バイエルン(ドイツ)
パリSG(フランス)
アンデルレヒト(ベルギー)
セルティック(スコットランド)

グループC
チェルシー(イングランド)
アトレティコ・マドリー(スペイン)
ローマ(イタリア)
カラバフ(アゼルバイジャン)

グループD
ユヴェントス(イタリア)
バルセロナ(スペイン)
オリンピアコス(ギリシャ)
スポルティング・リスボン(ポルトガル)

グループE
スパルタク・モスクワ(ロシア)
セビージャ(スペイン)
リバプール(イングランド)
マリボル(スロベニア)

グループF
シャフタール(ウクライナ)
マンチェスター・シティ(イングランド)
ナポリ(イタリア)
フェイエノールト(オランダ)

グループG
モナコ(フランス)
ポルト(ポルトガル)
ベシクタシュ(トルコ)
ライプツィヒ(ドイツ)

グループH
レアル・マドリー(スペイン)
ドルトムント(ドイツ)
トッテナム(イングランド)
アポエル(キプロス)

スポンサーリンク

2位狙いが現実的

ポッド3のスパーズなので厳しいグループに入ることは予想できていました。
グループBのバイエルン、パリやグループBのユヴェントス、バルセロナに当たるよりはいくらか気は楽です。

戦う前からあれですが、レアルはやはり頭一つ抜けている感があります。
史上初のチャンピオンズリーグ連覇を成し遂げ、世界最高のチームは現在このチームでしょう。
莫大な移籍金が飛び交う中で比較的おとなしい夏を過ごしているばかりか、モラタ、ダニーロ、ハメス・ロドリゲス等の控え組を放出する余裕まで見せています。
それでも圧倒的な戦力を誇っていることは変わりません。

元スパーズのルカ・モドリッチとギャレス・ベイルとの対戦は楽しみですね。
会場がホワイト・ハート・レーンでないことが残念ですが。
現実的には勝ち点1でも取れたら御の字といったところでしょう。
個人的には正面から戦を仕掛けるのではなく、強者との戦い方を学ぶという意味でも、普段と違った姿勢で臨むべきではないかと思います。

続いてはドルトムント
昨季はバイエルン、ライプツィヒに続いて3位でフィニッシュしています。
常時スタメンとはいかなくなっていますが、香川の加入以降は日本でも高い人気を誇っているチームです。
レアル、ドルトムントのいる組は日本での注目度が高まることが予想されますので、スパーズの知名度アップにも期待しています。
もしかしたら悪者ポジになってしまう懸念もありますけど(笑)

若い選手とベテラン選手のバランスも良いチームですね。
この間は浦和レッズがエムレ・モルに良いようにやられていましたが、おそらく彼はレンタルで武者修行の可能性が高いようです。
それから、ネイマール事変に巻き込まれ、バカみたいに高騰した移籍金でウスマン・デンベレがバルセロナに移籍するといった報道が出ています。
去年のポグバを超える金額です。ちょっと狂っている。ドルトムントでも絶対的な存在ではないのに。

最後にアポエル
あまり馴染みのないクラブです。聞いたことはありますが。
トルコの南、地中海にあるキプロスという島国のクラブです。
人口は90万人ほど。だいたい世田谷区の人口と同じだそうです。なんかすごい

国内リーグは5連覇中
CLには予選から戦って勝ち抜いてきたチームです。
見事に知っている選手は一人もいませんでしたが、昨季の成績はヨーロッパリーグベスト16です。うちと一緒。

予選突破を狙うなら、申し訳ないですがアポエルには2連勝が必須です。
その上、ドルトムントにも最低1勝はする必要があるでしょう。そんでもってレアルからも勝ち点を奪えたらなおよし。
現実にはアポエルとドルトムントから2勝ずつ狙うのでしょう。
今年こそ、ベスト16に入りましょう。

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

スポンサーリンク

-ニュース

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

カイル・ウォーカー、マンチェスター・シティへの移籍が決定

Embed from Getty Images ついにシティへの移籍が決定 かねてから噂されていましたが、カイル・ウォーカーのマンチェスター・シティへの移籍が両クラブから正式に発表されました。されてし …

no image

最後の補強はフェルナンド・ジョレンテ

主に守備陣の獲得に注力していたトッテナムですが、最後の補強は元スペイン代表のベテランストライカー、フェルナンド・ジョレンテになりました。 契約は2019年までの2年間で移籍金は1500万ポンド(約21 …

no image

いくつかのニュースをまとめて

トッテナム、ナイキとの契約を発表 スポーツブランドのナイキジャパンがトッテナムとのパートナーシップ契約を結んだことを発表しました。 男子チーム、女子チーム、アカデミー、全スタッフに商品を展開するそうで …

no image

[移籍情報]うわさに上がっている選手たち 6/19時点

まだ移籍一号は出ていません。例年通りではありますが。 これを書いていると他のチームの選手に対する知識なさすぎることがわかります。 スポンサーリンク Contents1 DF編1.1 セルジュ・オーリエ …

no image

[移籍情報]うわさに上がっている選手たち 放出選手GK&DF編 6/6時点

ここまでの現所属選手への移籍の噂についてまとめてみました。 主力の情報も多くて不安ですね。 プレミアでそれなりの成績を残してしまったので当然といえば当然なのですが・・・ スポンサーリンク Conten …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。