セルジュ・オーリエ 〜トッテナムの所属選手紹介、プロフィールやプレースタイル〜

だいぶ久しぶりなこの企画

人気者(?)オーリエをお届けしましょう

Embed from Getty Images

スポンサーリンク

プロフィール

ポジション:DF
背番号:24
名前:セルジュ・オーリエ
英名:Serge Aurier
誕生日:1992/12/24
国籍:コートジボワール
身長:174
体重:76
利足:右
加入年月:2017年8月
前所属:パリ・サンジェルマン/フランス

来歴

2009年にランスでプロデビュー。そこからトゥールーズを経て、パリ・サンジェルマンに加わりました。

ここまではフランス国内では順調なステップアップです。しかし、パリでは色々問題を起こしていたらしく、警察沙汰にもなっていたらしい。それはトッテナムに来てからもありましたけどね。

2017年にカイル・ウォーカーの後釜を探していたトッテナムと契約を結びました。思ったような存在感は見せることができず、長くトリッピアーとのポジション争いを繰り広げるも、敗れました。2019-2020シーズンは構想外でしたが最終的には1番手になりました。

スポンサーリンク


プレースタイル

良くも悪くも身体能力任せ。右サイドを広範囲にカバーできるスタミナやスピードに優れていて、さらにはジャンプ力だったり、機動力だったりも高水準にあります。

ただあまり気の利くタイプではなく、ポジショニングや判断力には難あり。多少裏をかかれてもフェイントにかけられても、すぐに切り替えて追いつけてしまう能力がゆえに磨かれてこなかったのだとは思いますが、世界最高峰の選手たちを相手に必ずしも通用しなくなっていることが大きな課題です。

さらにはクロスの質が悪い。前任者がトリッピアーというクロスのスペシャリストだったことも災いし、その点で大きく評価を下げています。運動量豊富に攻撃参加してくれるところまでは良いのに、最後の仕事に丁寧さがないため、10回中9回は残念な思いをさせられています。

これが20代前半の若手であれば、有り余る身体能力に思考力を植えつけて一流のサイドバックに!と思えるのですが、オーリエもすでに27歳。ここから劇的な進化をするとは思えない。ハマる試合では凄まじいのですがこのプレースタイルはどちらかといえば、リーグでも下位のクラブの方がいいのではないかと思ってたりもしています。

ムードメイクは一級品

ワンプレーが勝敗を分ける緊張感のある試合ではヒヤヒヤさせられることもありますが、基本的には面白い選手ですし、なによりいいやつです。プレミアリーグ史上初の1試合で3度もファールスローを取られるという記録の保持者でもあります。アホらしいですが。

誰かが点を取った時には全力で駆け寄ってゴールを祝福する。アリやソンとも仲良しで、よく練られたゴールパフォーマンスを一緒に披露する時もしばしば

SNSなんかにもよく登場し、その陽気な一面が見られます。とにかく常に明るく楽しそう。誰とでもすぐに肩を組むし、よく踊る。選手としては評価の分かれる選手ですが、あなたのチームの雰囲気が悪いのなら、一家に一台大切な飲み会要員として、セルジュ・オーリエはいかがでしょうか。

2019-2020シーズン 所属選手一覧

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。