試合結果

[PL]第9節 トッテナム・ホットスパー vs リヴァプール

投稿日:

2017-2018 プレミアリーグ 第9節

Tottenham Hotspur 4 – 1 Liverpool

Stadium:ウェンブリー・スタジアム

得点
 4分:ハリー・ケイン(spurs)
12分:ソン・フンミン(spurs)
28分:モハメド・サラー(Liverpool)
48分:デレ・アリ(spurs)
56分:ハリー・ケイン(spurs)

トッテナム・ホットスパー
ロリス、トリッピアー、アルデルヴァイレルト、サンチェス、フェルトンゲン、オーリエ 、エリクセン(81’ダイアー)、ウィンクス、アリ、ソン(69’シソコ)、ケイン(87’ジョレンテ)
sub:フォルム、デイビス、ローズ、エンクドゥ

リヴァプール
ミニョレ、ゴメス、マティプ、ロブレン(32’オックスレイド=チェンパレン)、モレノ、ジャン(83’グルイッチ)、ヘンダーソン、ミルナー、サラー、フィルミーノ(77’スタリッジ)、コウチーニョ
sub:カリウス、クラヴァン、アーノルド、ソランケ

呪いを断ち切ったウェンブリー・スタジアムで最も苦手とする相手に完璧な戦いを見せました。快勝、完勝です。
ここまで今シーズンのベストゲームです個人的には。

ウェンブリーでの通算成績:6勝3分8敗

スポンサーリンク

各ポジション、各選手が輝く

ホームらしく主導権を握って戦うだろう。的な予測しましたが、見事に外れました。昨年まではどんな相手に対しても真っ向勝負を仕掛けていくのがスパーズ流、リヴァプールにも正面からぶつかって見事に潰されていました。今シーズンのスパーズは一味違うようです。自分たちのスタイルは持ちつつ、相手に合わせて柔軟に戦い方を変えることができる力を手に入れました。そしてそれが結果につながっている。

フォーメーションは3-5-2、いや5-3-2と言って差し支えない形
コンディションが万全でないデイビス、ローズではなく、オーリエを左サイドに起用しました。完全なるサラー対策です。そしてこの采配が見事なまでに大当たり。失点シーンはサラーのスピードを褒めたいところですが、その他の場面ではオーリエとフェルトンゲン、時にサンチェスまでがケアに入り、ほとんど仕事をさせませんでした。右のトリッピアーもいつも以上の気持ちを見せ、いわゆるデュエルの部分では負けていません。そして二人ともここぞと見るや攻撃にも顔を出し、両サイドを制圧していました。

中盤センターはエリクセン、ウィンクス、アリ
体調が万全ではないというダイアーとシソコはベンチスタートということで守備面が若干不安な構成に。そんな心配を安心に変えてくれたのが最近散々文句を言わせてもらっていたアリでした。攻撃はかなり自重し、ウィンクスとともに引いた位置でバランスをとり、本職ではないにもかかわらずそれなりの守備力を見せてくれました。そして前半アディショナルタイムには貴重な貴重な追加点を決めたこの男、鳥肌モノや。

ソンとケインは2トップ
攻勢に出てくる相手を受け止めてからの必殺カウンターアタックが今日のミッションでしたが、開始4分でコンプリート。12分にはロリス、ケイン、ソンの三人で電光石火のロングカウンターを決めて見せました。まさかのツーチャンスでツーゴール、シビれます。まさかの30分で相手センターバックのロブレンを交代に追い込みました。
これでケインはチャンピオンズリーグもプレミアリーグも(同率ですが)得点ランクトップに躍り出ることに。

スポンサーリンク

策士マウリシオ・ポチェッティーノ

攻められていたというよりは持たせていたという言葉がしっくりくるような試合展開
相手ボールの時は潔く引いてディフェンスモードになり、5-3のラインをコンパクトに保って真ん中に縦パスを入れさせません。裏にもスペースを作らないため、リヴァプールの得意のスピード勝負に持ち込まれることも少なかった。それにしてもお互いに攻守の切り替えがハイレベルだったので見ごたえのある前半でした。ずっとお互いの喉元にナイフを突きつけているような緊張感があった。より切れ味鋭いプレーを見せたのがスパーズだったわけですが。

おそらくポチェッティーノ自身もここまで作戦通りの展開になるとは思ってもみなかったでしょうね。下位チームの相手を苦手としているリヴァプール、つまり引いてくる相手を崩しきれていないということです。しっかりスカウティングを行い、それをチームに落とし込めていた。同じくカウンターを武器とするレアル・マドリーとの連戦だったことも幸いか。

敵地でレアルとやりあえたその自信がチームには満ち溢れていました。リーグカップのウェストハム戦を挟むと再びマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリーとのビックマッチが続きます。このままのテンションと強度を保ちつつ、すべてに勝つつもりでいきましょう。今節の勝利で勝ち点でユナイテッドに並びました。シティを倒せるのは現状スパーズが最有力でしょう。この勝利に浸る時間もそう多くはない。切り替えていきましょう。最高だったぜ。

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

スポンサーリンク

-試合結果

執筆者:


  1. スパーズファン より:

    5-3ラインの仕事も素晴らしかったですね!ほとんど相手の縦パスを潰せていました。フィルミーノも交代時に居たことを思い出しました(笑)

    • スピカ より:

      スパーズファンさん
      特に後半はリヴァプールが完全に攻めあぐねてましたし、スタリッジも出てきてほとんど何もできていませんでしたね。本当に完璧な試合でした。感激

コメントを残す

関連記事

no image

[CL]第4節 トッテナム・ホットスパー vs レアル・マドリー

2017-2018 UEFAチャンピオンズリーグ グループステージ第4節 Tottenham Hotspur 3 – 1 Real Madrid Stadium:ウェンブリー・スタジアム …

no image

[PL]第34節 トッテナム・ホットスパー vs マンチェスター・シティ

2017-2018 プレミアリーグ 第34節 Tottenham Hotspur 1 – 3 Manchester City Stadium:ウェンブリー・スタジアム 得点 22分:ガブリ …

no image

土曜日を意識しすぎるな vs ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン

ストーク戦の快勝はスパーズの調子を回復させるきっかけとなったのでしょうか。 答えは今日わかります。昇格組シーガルズとの一戦で。 スポンサーリンク 不安要素は少ないが。。 今年の昇格組はニューカッスル、 …

no image

勝って兜の緒を締めよ vs クリスタル・パレス

世界最高のクラブに勝利した素晴らしい一週間の終わりにプレミアリーグ最下位のクリスタル・パレスと戦います。 終われば再びインターナショナルマッチウィークに入ります。 良い流れを維持したいところ。 スポン …

no image

早すぎる一位と二位のロンドンダービー vsチェルシー

日曜の夜にプレミアリーグ第2節トッテナム・ホットスパー vs チェルシーが行われます。 早くもやってきた昨シーズンの1位、2位対決です! 開幕したばかりにもかかわらず、チーム状況はお互いに良いとは言え …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。