試合結果

[PL]第10節 マンチェスター・ユナイテッド vs トッテナム・ホットスパー

投稿日:

2017-2018 プレミアリーグ 第10節

Manchester United 1 – 0 Tottenham Hotspur

Stadium:オールド・トラフォード

得点
81分:アントニー・マルシャル(United)

トッテナム・ホットスパー
ロリス、アルデルヴァイレルト、ダイアー、フェルトンゲン、オーリエ 、エリクセン、ウィンクス、シソコ(62’デンベレ)、デイビス、アリ、ソン(62’ジョレンテ)
sub:フォルム、トリッピアー、ローズ、サンチェス、エンクドゥ

マンチェスター・ユナイテッド
デ・ヘア、バイリー、ジョーンズ、スモーリング、バレンシア、エレーラ、マティッチ、ヤング(93’ダルミアン)、ムヒタリアン(65’リンガード)、ラッシュフォード(70’マルシャル)、ルカク
sub:ロメロ、ブリント、マタ、マクトミネイ

両チーム失点しないことに重きを置いた堅い試合になりましたが、一瞬の隙を突かれて終盤に失点
大事な試合を落としました。

スポンサーリンク

一点を争う守備戦に

ユナイテッドは守備の要だったエリック・バイリーが復帰したことを受け、スパーズに合わせた3バックを採用、ムヒタリアンを引き気味においてルカクとラッシュフォードの2トップできました。
対するスパーズは3-3-2-2のような布陣、センターバックにはサンチェスではなくダイアーが入り、中盤はウィンクスを中心にエリクセンとシソコがポジションを入れ替えながらときにスリーセンター、ときに逆三角の形でした。

立ち上がりこそ、勢いのあるうちに先制点を取ってしまおうとユナイテッドが前に出てきますが、15分ほどで諦めいったん引きます。序盤は少しバタバタしていてボールが収まらないスパーズでした。特にエリクセンとロリスのコントロールミスが目立ち、すぐに相手ボールに。センターバックの3人とウィンクスがなんとかボールを持てるようになるとユナイテッドの攻撃も落ち着きました。
ケインを欠いたスパーズはとにかく前線でボールを収められない。アリとソンが前にいますが、足元に入っても厳しいプレッシャーにやられ、高さでは敵わないのでロングボールも受けられない。攻撃の形が作れない時間が続きました。

ユナイテッドのカウンターを警戒し、不用意なボールロストを恐れるあまりいつも以上に早めに前線にボールを投げることが多い。選手の距離感が良い時に意図を持ったパスを入れているわけではないので攻撃にならない。その一因だったのは左サイドです。ベン・デイビスのオーバーラップ対策にバレンシアが高めの位置を取っているのでなかなかいい位置でボールを受けられません。このバレンシアの位置取りは巧みで、攻撃にも守備にも行ける半端なポジションを取っているので、デイビスが上がれずにいました。右のオーリエの方が目立ってはいましたが、基本的にはヤングがしっかり見ているので、サイドチェンジの場面でもなかなかフリーにはなれていなかった。

どちらのチームもリスクを冒すことを嫌う展開になり、勝ち点1でも構わないというような戦い方なので、派手さには欠ける試合でしたね。攻守の切り替えの早さや球際での激しさはみどころでしたけど。
そんな中デ・ヘアのフィードからルカクがすらして抜け出したマルシャルに決められて失点。3バックにダイアーを選択したことが厳しい結果を招いてしまいました。ヘディングの瞬間にやや後ろ目にいたためにオフサイドが取れず、マルシャルの位置が把握できていなかったからか、体の入れ方にも失敗し、完全に置いていかれていた。最後体を投げ出して止めに行ったのも反対側にいたフェルトンゲンだけ。試合全体を通じると別に悪かったわけではないけど、サンチェスの身体能力なら止められたのではないかと思ってしまいます。

スポンサーリンク


ケイン不在の影響なのか

1トップとしてあれだけの結果を残し、クラブでも3シーズンはスタメンを守り続けている選手が抜ければそりゃ難しくはなる。同じようにやって点を取れるんなら別にケインでなくて良くなってしまうわけで仕方のない部分です。前半はどう攻撃するのかのアイデアが見えませんでした。ジョレンテが入ってからは体を張ってポストプレーをこなしてくれるので、良くはなったけど点の欲しい終盤にジョレンテの高さをうまく使えるようになりたいね。今日のように繋いでの攻撃がうまくいっていない時は特に。

これがユナイテッドのような強豪との戦いでなければ、今のスパーズならソンが入ってもジョレンテが入ってもそれなりにやれたと思うけど、あまりにも慣れていませんでした。余裕のある試合で早めにケインを下げて新たなオプションを確立していくというのも長いシーズンも戦う上での課題かもしれません。とりあえず水曜までにはケインは戻ってくる予定のようです。

10月の強豪3戦は1勝1敗1分となりました。できれば勝ち越したかったですね。公式戦2連敗は痛いです。チームの調子が悪いわけでもないと思うので引きずるようなことにはなりたくないなあ。

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

スポンサーリンク

-試合結果

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

[EFL]3回戦 トッテナム・ホットスパー vs バーンズリー

2017-2018 カラバオカップ3回戦 Tottenham Hotspur 1 – 0 Barnsley Stadium:ウェンブリー・スタジアム 得点 65分:デル・アリ(spurs) …

no image

お得意様相手に大勝なるか vs ストーク・シティ

33節はストーク戦です。 チェルシーとマンチェスター・シティ戦とに挟まれた試合になります。 つまづきたくはないところ。 スポンサーリンク 相性は一番いい 2018年に入ってここまでわずか1勝と降格ロー …

no image

ロースコアの恐怖 vs バーンリー

残り一つだけ未対戦のチームを残していますが、過密日程の中の移動距離による負荷を軽減するため、先んじて今シーズン2度目の対戦となるのはなんとここまで大躍進し、一つ上の順位にいるバーンリーです。 スポンサ …

no image

敵は己の慢心にあり vs アーセナル

ビッグマッチウィークの締めくくりは日曜開催のノースロンドンダービー! スポンサーリンク 負ければ5位転落もあるぞ アーセナルのベンチにアーセン・ベンゲルの座っていないノースロンドンダービーは僕が応援す …

no image

チャンスを手にするのは誰だ vs ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン

一年で最もハードな時期がやってまいりました。 年内も残り2つです。 スポンサーリンク 解任ブースト終わりました 木曜日と土曜日に試合が組まれるという、鬼畜の中1日なスケジュールはプレミアリーグのもはや …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。