試合結果

[PL]第37節 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン vs トッテナム・ホットスパー

投稿日:

2017-2018 プレミアリーグ 第37節

West Bromwich Albion 1 – 0 Tottenham Hotspur

Stadium:ザ・ホーソンズ

得点
92分:ジェイク・リヴァモア(Baggies)

トッテナム・ホットスパー
ロリス、アルデルヴァイレルト、サンチェス、フェルトンゲン(85’ジョレンテ)、トリッピアー、エリクセン、ワニャマ、ローズ、アリ(67’ソン)、ラメラ(78’モウラ)、ケイン
sub:フォルム、デイビス、ダイアー、シソコ

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン
フォスター、ニョム、ドーソン、ヘガジー、ギブス、フィリップス、リヴァモア、ブルント、マクリーン(87’クリホヴィアク)、ロドリゲス(74’スタリッジ)、ロンドン(79’シャドリ)
sub:マイヒル、エヴァンス、ヤコブ、カヌ

恐れていた展開が現実ものになりました。
最下位バギーズに1分1敗

スポンサーリンク

単調な攻撃のリズム

久しぶりにアルデルヴァイレルトを加えたスリーバックを採用してきました。そしてエリクセンをボランチにおいて2列目にアリとラメラを配置。結果は出ませんでしたが、別にチョイス自体は悪くなかったと思っています。何より普段と違う組み合わせやメンバーにしてくれた方が見る側としてワクワクできますので。

前半にちらっと映ったファンの人が「Don’t sell Toby and Danny」というボードを掲げていたのが印象に残りました。出るかわからない二人のためにわざわざ用意してきたんですね。Tobyことアルデルヴァイレルトのパフォーマンスは問題なし。前も言いましたがやっぱり安心感がある。守備もそうですし、攻撃時の配給も。Dannyことローズの方はだいぶ心配。特筆するようないいプレーはなかったし、記憶に残ったのはニョムとの喧嘩ぐらい。ちゃんと見られていたら退場でしたよ。

トリッピアーとローズのウイングバックがあまり機能しなかったのは彼らが単騎突破できる力がないことも一因だけど、それ以上にチームとしてサポートに行く意識が希薄すぎること。開いてもらった時に誰も寄っていかないので、選択肢はバックパスかドリブルしかない。もともとサイドバックの二人に常に勝負して勝ってこいというのはあまりにも酷ではないでしょうか。

そして何より攻撃のリズムが常に一定で相手にしてみたら分かりやすすぎる。まずケインが得点にこだわるあまりかずっと中央で待っているだけなのが問題で、流動性のスイッチが入らない。もっと動き回って起点になるアクションをしてほしい。その後に中に入り直してラストパスを受ければいい。クロスをワンタッチで決める方が自分としては楽なのでしょうが、動きがないとそんな思い通りにはいかないですよ。

スポンサーリンク

初めて相手の勝利に感動しました

こんなこと言っていいのかわからないけど、感動しました。シーズンのほとんどを最下位で過ごしてきて、今年だけでトニー・ピューリス、アラン・パーデューと解任し、現在はダレン・ムーア暫定監督。スパーズ戦含めて3勝2分はこの人が来てかららしいです。

勝ち以外残留の可能性を見出せない状況でも勝利のためのプランをしっかり構築してきた。試合を通じて80:20くらいでボールを握られるのは織り込み済み。割り切って守備に走り、いつか来るワンチャンスに賭ける。非常に現実的な作戦です。最後までファンも信じていて80分を過ぎたあたりからホーソンズのファンが醸し出す雰囲気にトッテナムは飲まれてしまいました。

そして奇跡は起きる。最後のコーナーキックを泥臭く押し込んだシーンは優勝を決めたかのような雰囲気でした。決めたのはスパーズアカデミー出身のジェイク・リヴァモア。脚本があるかのような見事な展開でしたよホント。

実はエピソードはこれだけではなく、直前に行われたパレスvsストークでストークが勝てば降格決定だったところ、後半に逆転負けをしたストークが最初に降格を決めたこと。直後に行われたサウサンプトンも勝てばバギーズの降格が決まっていたのに、後半ロスタイムの失点で引き分けに終わったこと。サウサンプトン戦も見たけど、バギーズに肩入れしてみてました。ちょっと泣ける。

残留争いは最終戦に持ち越されました。可能性があるのは17位サウサンプトン、18位スウォンジー、19位ウェストブロムの3チームのうち1チームです。対戦カードはサウサンプトンvsスウォンジーの直接対決。勝った方は文句無しで残留の天王山。ウェストブロムはクリスタル・パレスと対戦します。ウェストブロムが残留する条件は未だ厳しく、サウサンプトンvsスウォンジーが引き分けに終わること、かつパレスに5ゴール差をつけて勝つことです。37試合で31点しか取れていないチームが果たして1試合に5点も取れるのか、とったら談合でも疑われそうな奇跡です。まさしくグレートエスケープ。

クリスマスを最下位で迎えたチームは必ず降格する。そんなジンクスを始めて破ったのも13年前のウェストブロムでした。最終節ライブで見るのはウェストブロムvsパレスにしようかなあ。。

スポンサーリンク

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

-試合結果

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

[PL]第30節 ボーンマス vs トッテナム・ホットスパー

2017-2018 プレミアリーグ 第30節 Bournemouth 1 – 4 Tottenham Hotspur Stadium:ディーン・コート 得点  7分:ジュニア・スタニスラス …

no image

[CL]第6節 トッテナム・ホットスパー vs アポエル・ニコシア

2017-2018 UEFAチャンピオンズリーグ グループステージ第6節 Tottenham Hotspur 3 – 0 APOEL Stadium:ウェンブリー・スタジアム 得点 20分 …

no image

土曜日を意識しすぎるな vs ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン

ストーク戦の快勝はスパーズの調子を回復させるきっかけとなったのでしょうか。 答えは今日わかります。昇格組シーガルズとの一戦で。 スポンサーリンク 不安要素は少ないが。。 今年の昇格組はニューカッスル、 …

no image

最強の矛と最強の矛 vs リヴァプール

今季のここまでのベストゲームはホームでのリヴァプール戦でした。 再現なるか。要塞アンフィールドに乗り込みます。 スポンサーリンク 真っ向勝負かカウンターか 前回の対戦ではホームに迎えたにもかかわらず、 …

no image

失意の水曜日を乗り越えよう vs ボーンマス

今年のチャンピオンズリーグの挑戦は厳しい結果に終わりました。 再びあのステージを目指すために、感傷に浸っている暇はありません。 プレミアリーグ第30節はボーンマスとの対戦します。 スポンサーリンク 今 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。