新しい得点源をここから vs アントワープ

よしよしこのまま無敗で行こう

ベルギーに向かって2節目を。

スポンサーリンク

ローテーションがうまくいっている

 こんなに大幅にメンバーを入れ替えながら結果が出ているなんてスパーズにしては珍しい。相手の強さもあるけれど、どちらかといえばターンオーバー側の方が勝っている。

 グループリーグの2節目はアントワープ。ベルギーリーグで首位を走っているクラブであり、三好康児が所属していることで日本でも名前の知名度はある。他に知っている選手はいなかった。

 スパーズは好調だといって差し支えないと思うが、今のうちにケインとソンに代わる得点源を見つけておきたい。最も、得点とアシストはこの2人に偏ってはいるが、攻撃に関してなんでもかんでも依存しているわけではないと思っているから、いなくなればそれはそれでなんとかなるのかもしれないが。

 インタビューがあれば必ずといっていいほどにベイルの出場機会について聞かれている。当然の注目度なだけに、早めにピッチで結果を出したい。今はまだ長い目で見ているつもりのファンたちより先にメディアが変な論調の記事を書き始めるとチームの雰囲気が色々と変わってくる可能性があるから。

 怪我人がここまで少ないこともあり、メンバーをそっくり入れ替えてもかなり見栄えのする選手が揃うようになっている。去年までは数はいてもピッチとベンチの選手たちへの信頼の差が大きくてやきもきすることも多かったから頼もしいばかりだ。

 ここまでのモウリーニョの起用法を見ても、結果を出せばすぐに序列を入れ替える傾向にあり、この辺のマネジメントも幸いして士気の向上に繋がっている。さて、今日は誰がリーグ戦へのオーディションを勝ち抜けるのだろうか。

キックオフは日本時間26:55です。

トッテナム・ホットスパー:予想フォーメーション
FW ベルフワイン、ヴィニシウス、ベイル
MF ロチェルソ、ウィンクス、ラメラ
DF レギロン、アルデルヴァイレルト、サンチェス、オーリエ
GK ハート

スポンサーリンク

関連

2020-2021シーズン 試合結果一覧

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。