我々には十分な戦力がある vs ルドゴレツ

グループJは6ポイントで3クラブが並んでいる。

遅れを取らない様に。

スポンサーリンク

厚みを見せつけてやれ

 アントワープに敗れたことで少し難しくなってしまったグループステージ。あの敗戦があったことでひとつ前にルドゴレツ戦は準主力メンバーで戦うことになった。相手への敬意を欠くつもりはさらさらないが、シティ戦とチェルシー戦に挟まれているこのミッドウィークに無理はしたくない。

 前の対戦はブルガリアで3-1で勝っている。この時は先発していたケインのゴールが皮切りだった。ケインやソンが不在でも問題なく勝ち進められるだけの戦力差はあるはずなんだ。11人入れ替えれば個々の能力が高くてもやりにくいのはわかるが、それにしてもである。

 アルデルヴァイレルトの負傷により、久々にサンチェスに出番がありそうだ。この試合はサンチェスにとっては週末へのオーディションだ。プレミアでの実績がわずか10分ほどのロドンにビックゲームでの先発を奪われないためにも、先輩としての貫禄は見せつけて欲しい。

 あとは攻撃陣。ソンやケインを温存するためにも主役になるべきはロチェルソとベイル。2人とも負傷があったとはいえ復帰から1ヶ月くらいは経っている。そろそろ90分やり切れるところを見せて欲しいと思う。スタミナに関しては開幕からコンスタントに出ているエンドンベレの方が問題ではあるけれど。

 ケイン、ソン、ホイビュアの負担をいかに軽減していけるかがここしばらくの鍵となる。代役になれなんて言うつもりはない。彼らが温存という名目でベンチを温めている間に主演を奪い取ってくれ。

キックオフは日本時間29:00です。

トッテナム・ホットスパー:予想フォーメーション
FW モウラ、ヴィニシウス、ベイル
MF ウィンクス、アリ、ロチェルソ
DF デイビス、レギロン、サンチェス、ドハーティ
GK ハート

スポンサーリンク

関連

2020-2021シーズン 試合結果一覧

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。