踏ん張り時だぞ、勝ちに行くぞ vs レスター・シティ

パレス戦がちょっと響いて2戦勝ちなしとなってしまった。

これ以上引っ張るわけには行かないぞ。

スポンサーリンク

あんまり腰引けないで欲しい

 先に終わった試合によってエヴァートンにも抜かれて3位になっている。8位チェルシーまでは1試合の結果によって順位が入れ替わるくらいの差しかないため、1つ下のレスター相手といえど、3ポイントを狙っていかないといけない。

 優勝以来、安定した強さを身につけてきたレスター。だいぶあれから選手が入れ替わった中でエースは変わらぬジェイミー・ヴァーディ。まもなく34歳になるのに今年も既に10点決めてる。スピードだけの選手じゃないけどやっぱり最大の武器ではある。これを警戒するなら後ろにスペースを与えないようにするのは定石だ。

 かといって守備を重視しすぎると1試合の中で綺麗にカウンターを放てる数は減ってしまう。3回のカウンターで2点取れているうちはいいが、さすがにそう毎度毎度上手くいかないのはリヴァプール戦で証明された。ある程度攻撃は受け止めつつ、焦らずボールを保持する時間も作れるようになりたい。

スポンサーリンク


3人目のスコアラーを

 レスターはヴァーディの10点に次ぐスコアラーは3点だが、スパーズはソンが11点、ケインが9点の次は1点の選手が並んでいるだけ。本格的にこの2人以外が点を取れない状況が続いている。

 もちろんこの2人に任せるのが一番効率がいいし、そこを生かすようにチーム戦術が設計されているということもあるので、一概に他の選手が不甲斐ないとはいえないが、前節のリヴァプールの試合なんか見るとやっぱりそこが足りていないと思わされてしまう。

 守備に忙殺されているベルフワインはそろそろ得点に絡む必要があるし、エンドンベレやロチェルソもシュートを選択肢に持ってプレーして欲しい。トップ下の選手としてはアリの方がその意欲は高いが、アリは組み立てを放棄しがちなので作れる選手が近くに必要になってしまう。そこら辺が1番手に選ばれていない理由でもあるだろう。

 ただ前節ようやくエンドンベレを差し置いて出場機会をもらえた。まだまだ時間は短くて、10分もないくらいの中で結果を出せというのは酷な話だが、もう少し長く出られれば何かやってくれそうな雰囲気は出てきた。あとはモウラよりもベイルやヴィニシウスに出番をあげたいと思う。

 負けないことは大事だが、引き分けで失う2ポイントは大きい。追いかける立場になった以上、3ポイント差のままプレッシャーをかけ続けるためにも今日は3ポイントを取ってくれ。

キックオフは日本時間23:15です。

トッテナム・ホットスパー:予想フォーメーション
FW ベルフワイン、ケイン、ソン
MF ホイビュア、エンドンベレ、シソコ
DF レギロン、ダイアー、アルデルヴァイレルト、オーリエ
GK ロリス

レスター・シティ:予想フォーメーション
FW バーンズ、ヴァーディ
MF マディソン、エンディディ、メンディ、ティーレマンス
DF フクス、エヴァンス、フォファナ、ジャスティン
GK シュマイケル

スポンサーリンク

関連

2020-2021シーズン 試合結果一覧

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。