試合結果

[CL]GS第4節 レッドスター・ベオグラード vs トッテナム・ホットスパー

投稿日:

2019-2020 チャンピオンズリーグ GS第4節

Red Star Belgrade 0 – 4 Tottenham Hotspur

Stadium:ライコ・ミティッチ・スタジアム

得点
34分:ジオバニ・ロチェルソ(Spurs)
57分:ソン・フンミン(Spurs)
61分:ソン・フンミン(Spurs)
85分:クリスティアン・エリクセン(Spurs)

トッテナム・ホットスパー
FW ケイン
MF ソン(75’セセニョン)、エンドンベレ、アリ(62’エリクセン)、シソコ、ロチェルソ(86’スキップ)
DF ローズ、ダイアー、サンチェス、フォイス
GK ガッサニーガ
sub:フォルム、アルデルヴァイレルト、デイビス、モウラ

レッドスター・ベオグラード
FW バフコフ
MF ヨヴァンチッチ(62’カニャス)、ガルシア(68’ボアキエ)、マリン、ペトロビッチ、バラ
DF ロディッチ、デゲネク、ミルノビッチ、ゴベリッチ(46’ジャルデル)
GK ボージャン
sub:ポポヴィッチ、バビッチ、イバニッチ、ジャルデル

とても良いとは思わないけど
これが力の差というやつか

スポンサーリンク

新戦力の活躍

プレミアリーグのアウェー戦では1月のフルハム戦以降勝てていないという状況はそれなりに語られています。全公式戦合わせても、最後に勝ったのはチャンピオンズリーグセミファイナルのアヤックス戦です。プレシーズンの期間も挟んでいますが、半年もアウェーでは勝てていなかった。

2週間前の5-0勝利が頭にあるので、若干メンバーはターンオーバー気味です。出続けていたアルデルヴァイレルトをベンチに置いて、ダイアーとサンチェスの超不安コンビです。さらに右もオーリエとウォーカー=ピータースがメンバー外のため、フォイスが入りました。最終ラインは急造といっても差し支えない組み合わせです。さらにロチェルソが移籍後初スタメンを飾りました。4-2-3-1の右サイドで先発です。

最初のゴールが生まれるまでの時間はボールを握るもチャンスを作れないいつもの展開が続きます。相手が引く意思を見せると本当に何もできない。みんながみんな自分のポジションの範囲しか動かないので意外性のあるプレーはありません。エンドンベレがボランチに入ると、攻撃のエンドンベレとバランスのシソコと役割分担をすることになっているようですが、それならエンドンベレはもっと思い切って、裏に走るようなプレーを見せて欲しい。高めの位置は取るけれど基本的にボールより横か後ろにいるのであれではそこまで怖い存在ではないでしょう。あと中盤で気持ちよくなってトリッキーなドリブルを見せるのはたまにでいいです。今日も何度か変な奪われ方をしていたし、もっとレベルの高いクラブとやるときは守備はよりタフにくるから相手のカウンターの起点になってしまいますよ。

先制はだいぶごちゃごちゃした攻撃からジオバニ・ロチェルソが加入後初ゴールを決めました。ようやくここからスタートですね。ポストに当たった跳ね返りを詰めただけのゴールだけど、そもそも起点はロチェルソのボール奪取からでした。前半は右サイドだけでプレーしていて消えている時間もあった印象ですが、後半には中央や左に流れてのプレーも見せていた。時間がたつほどにもっとよくなっていくであろう期待感は強く見えました。その調子で頼むよ。

スポンサーリンク


エヴァートン戦での事件の影響で、出場しないという予想もあったソンはいつも通りスタメン入りです。休ませても良かったのではないかと思いますが、まあ何か考えがあるのでしょう。結果的には2ゴールを挙げましたが、スタートから少し迫力に欠けるように見えていました。ゴールを決めてもセレブレーションはなし。手を合わせて謝罪の気持ちを示していました。

ディフェンスラインの不安の予想は当たっていて、なんでもない時に中央をシンプルに破られる場面はいくつもあった。相手の決定力の低さとガッサニーガの好セーブに救われましたが、やはりダイアーとサンチェスではまだ怖い。かといって4点取った攻撃陣もゴールは全て相手のディフェンスラインの準備が整いきっていないショートカウンターの形か、大量失点により集中が切れた瞬間を突いたものです。結果を出してなんぼの世界だから一定の評価は出来るけど、まだまだ次にも期待できるという出来ではないでしょう。

今日は余裕を持てたので、出場機会を与えていきたいセセニョンとスキップも時間をもらいました。この試合で初めて、今夏の新加入選手が同時にピッチに立つことになりました。ロチェルソはゴールを奪い、エンドンベレは中盤で躍動し、セセニョンもアシストを記録しました。これはよろしくない最近のスパーズにあってとてもポジティブな要素ですね。どんどんポジションを奪ってくれよな。

まだバイエルン戦が控えているので確定とは言えないけれど、それはレッドスターも同じなのでかなりチャンピオンズリーグは楽になりました。しばらくはこれでリーグ戦に集中できるかな。しないと、いけないですよ。

[PL]第12節 プレビューへ進む

スポンサーリンク

-------------------------------------------------------------
ブログランキングに参加しております!
よろしければ応援のクリックをお願いします!

プレミアリーグランキング


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村
-------------------------------------------------------------

-試合結果

執筆者:


コメントを残す

関連記事

no image

ロンドンの覇者は譲れないのだ vs アーセナル

早いものでプレミアリーグは残り10試合となりました。 どんなに調子が上がらなくても、この試合だけは負けるわけにいかない。 29節、ノースロンドンダービー スポンサーリンク 今シーズンは1勝1敗 12月 …

no image

[PL]第20節 トッテナム・ホットスパー vs サウサンプトン

2017-2018 プレミアリーグ 第20節 Tottenham Hotspur 5 – 2 Southampton Stadium:ウェンブリー・スタジアム 得点 22分:ハリー・ケイン …

no image

[AUDI2019] 決勝 バイエルン・ミュンヘン vs トッテナム・ホットスパー

アウディカップ2019 決勝 Bayern München 2 – 2 Tottenham Hotspur Stadium:アリアンツ・アレーナ 得点 19分:エリク・ラメラ(spurs) …

no image

[PL]第13節 トッテナム・ホットスパー vs チェルシー

2018-2019 プレミアリーグ 第13節 Tottenham Hotspur 3 – 1 Chelsea Stadium:ウェンブリー・スタジアム 得点  8分:デレ・アリ(Spurs …

no image

連敗するには早いが相手が強すぎる vs リヴァプール

代表ウィーク明けの一つ目 優勝候補、リヴァプールと。 スポンサーリンク 下馬評通りの強さ 開幕から4戦全勝でここまでやってきました。現在首位。優勝候補の大候補マンチェスター・シティに唯一太刀打ちできる …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。