見ていてもキツイとわかる日程で vs ノリッジ・シティ

記事書くだけなのに追いつくのが大変です。

さあ中2日、この試合で一周だ。

スポンサーリンク

面白かったと思っていたのに

毎節必ず見ている試合はもちろんトッテナムの試合だけ。気が向いたときは他の気になる試合も追うようにしていますが、最近忙しくてあまり時間が取れていません。開幕したては気合が入っていたのでスパーズ以外にも2試合くらいは見ていました。その時期に選んでいたのはこのノリッジの試合でした。

昇格組ながら大した補強を行わず、現有戦力にかける選択をしたにも関わらず、かなり面白いサッカーをしていました。3節のチェルシー戦も2-3で敗れはしたものの、かなり見ていて気持ちのいい試合でした。生きのいい若手もいて、パスも周り、人も走る。ワントップにいるテーモ・プッキは非常にシュートのうまい選手で、打てば枠に飛んでいた。いつの間にか見ないうちに、あれ、最下位にいる。あのサッカーが継続できなかったのか。はたまた理想に飲み込まれたか。

選手層という点ではこちらに分があることは明確です。どちらも必ずターンーオーバーを行わなければこの時期は乗り切れない。降格圏という事情にさらされているノリッジはこの試合で勝点を取ることに全力をかけるより、前後の試合に力を注ぐ方が現実的だと思いますが、どうでしょう。

スポンサーリンク


見たい選手はたくさん

連戦の疲労を加味せずとも、この試合は出られない選手が多くいます。まずは出場停止2試合目のソン、それから累積警告が溜まってしまったウィンクスとシソコです。

まずは最終ライン、日程を考えても少しずつ回していきたい。一番走らされているオーリエはあの使われ方で中1日はかなり辛いでしょう。センターバックはフォイスがいるし、前節ベンチ入りしていたタンガンガも見てみたいですね。まあまずフォイスのはずだからタンガンガは難しいでしょうけど。

完全に入れ替えなければいけないボランチはダイアーが当確です。エンドンベレは体調不良を訴えていたようなので、この試合に間に合うのかわかりません。となればワニャマはあり得ないので次点はオリバー・スキップか。ただ、ダイアーと並べるとまた展開力に欠けるコンビになりそうなので、エリクセンやロチェルソでもいいと思っています。

前線は変えなそうな気もしますが、あれだけケインやアリは全力で走ってくれたので、このまま使い続けると負傷の懸念が出てきます。多少の過密日程くらいではポチェッティーノも外さなかったケインですが、怪我の少ない選手でもないため、無理はさせないでほしい。

これが年内最後の試合になります。今年の前半はチャンピオンズリーグに燃えて、後半は不調に悩まされた。足して割って65点くらいの一年ですかね。来年はもっといい一年になりますように。

キックオフは日本時間26:30です。

トッテナム・ホットスパー:予想フォーメーション
FW ケイン
MF セセニョン、ダイアー、アリ、エンドンベレ、モウラ
DF フェルトンゲン、アルデルヴァイレルト、フォイス、ウォーカー=ピータース
GK ガッサニーガ

ノリッジ・シティ:予想フォーメーション
FW プッキ
MF キャントウェル、テティ、マクリーン、トリブル、ブエンディア
DF ルイス、ハントリー、ジマーマン、アーロンズ
GK クルル

個人的な話で申し訳ないのですが、明日から予定が詰まっていて今日の試合を見るのは年明けになりそうなので、レビュー記事遅れます。もしかしたら次節のプレビューを先に書くかも。

というわけで、本記事を持って2019年のすぱーずなびはおしまいです。みなさま、よいお年を!

スポンサーリンク

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。