[EL]プレーオフ トッテナム・ホットスパー vs マッカビ・ハイファ

2020-2021 ヨーロッパリーグ プレーオフ

Tottenham Hotspur 7 – 2 Maccabi Haifa

得点
 2分:ハリー・ケイン(Spurs)
17分:チャロン・チェリー(Haifa)
20分:ルーカス・モウラ(Spurs)
36分:ジオバニ・ロチェルソ(Spurs)
39分:ジオバニ・ロチェルソ(Spurs)
52分:ニキータ・ルカヴィツヤ(Haifa)
56分:ハリー・ケイン(Spurs)
74分:ハリー・ケイン(Spurs)
91分:デレ・アリ(Spurs)

トッテナム・ホットスパー
FW ベルフワイン、ケイン(75’レギロン)、モウラ
MF ウィンクス、ロチェルソ(46’アリ)、ホイビュア(63’シソコ)
DF デイビス、アルデルヴァイレルト、サンチェス、ドハーティ
GK ハート
sub:ロリス、オーリエ、エンドンベレ、ラメラ

よしよし、これで本戦進出だ。

過密日程の中お疲れ様でした。

スポンサーリンク

珍しい圧勝

 いつものように朝、結果を確認する時は怖い気持ちでしたが開けてみれば予想外の大勝。なんの縁か、去年バイエルンに同じスコアで負けてからちょうど1年でした。

 中1日のトライアスロンに挑むのはアルデルヴァイレルトとベルフワイン。ベルフワインはチェルシー戦で最後の15分はお休みだったとはいえ、両者とも今日はフル出場でした。すごいタフさ。2人とも週末はお休みだろうがよく頑張ってくれました。ありがとう。

 攻撃がうまく行かないと思っていたこの時期にまさかの7得点だった。まあハイライト見ててもそれなりにシュートも打たれていて、相手からしてもどうせなら思いっきりぶつかっていこう!っていうスタンスだったんだろうね。だからスペースがいっぱいあった。それでもケインのハットトリックは明るい。

 ここまで公式戦7試合を戦ってきて、まだ1度もクリーンシートがないのは気がかりだ。モウリーニョが攻撃のアイデア不足なのは聞いてきたことだが、守備がハマっていないのはいい兆候ではない。まあ今日のような点の入る試合はどうしても失点するものだけど。

 さあようやくELもひと段落だ。組み合わせ抽選はもう終わっていて、スパーズはグループJに決まった。

・トッテナム(イングランド)
・ルドゴレツ(ブルガリア)
・LASKリンツ(オーストリア)
・アントワープ(ベルギー)

 わからなすぎてコメントすることがない。アントワープは聞いたことある気がするけど、単に地名として知っているだけかも。ELはグループが12個あるようです。ここで勝ち上がったクラブにCLから落ちてくるチームが加わるので、まだまだベスト48というわけでもないようです。

 しかし今のように一発勝負の試合よりは余裕を持って望めそうだ。流石にここは問題なく突破できると信じたい。ちなみに現状で共にELを戦う同胞はアーセナルとレスターでした。

 とりあえずは目先の試合に目を向けよう、少し休んだら次はユナイテッドだ。やっぱり結果が出ていないのはプレミアリーグ。ここでハンデをつけてしまうと後々辛いから、勝点にはこだわっていきたいね。

スポンサーリンク

関連

2020-2021シーズン 試合結果一覧

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。